ニュース
» 2012年03月26日 23時39分 UPDATE

iPhoneが顔になる次世代ペットロボット「スマートペット」 バンダイから

バンダイが、iPhoneやiPod touchを犬型の本体にセットすると、愛らしいペットのように動く次世代ペットロボット「スマートペット」を発表した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 バンダイは3月26日、iPhoneやiPod touchが顔になって動く次世代ペットロボット「スマートペット」を発表した。4月28日に発売する。

Photo 次世代ペットロボット「スマートペット」

 スマートペットは、iPhoneやiPod touchと犬型のロボット本体を連動させた“次世代ペットロボット”だ。遊び方は簡単で、iPhone/iPod touchに無料の専用アプリ「smartpet」をインストールし、ロボット本体の顔にあたる部分へセット。すると、愛らしいペットのようにロボットが動き回る。

 タッチパネル操作によりペットの世話遊びやゲームが楽しめるほか、音声認識・画像認識機能を使って手の動きや呼びかけに反応した芸の披露、さらには歌いながらダンスをしたり、Bluetooth通信により他のスマートペットと連動して芸をすることも可能。顔の表情と身体の動きの組み合わせで、合計100種類以上の多彩なリアクションが楽しめるという。

 また、世話やゲームはiPhone/iPod touchをロボット本体から取り外した状態でも行える。ラインアップは、白が基調の「SMP-501W」と黒が基調の「SMP-502BK」を用意。サイズは約110(幅)×170(高さ)×170(奥行き)ミリ、重量は本体のみで約450グラム、iPhoneとバッテリーをセットした状態で約680グラムだ。バッテリーには単3形乾電池3本(別売)を使用。対応機種はiPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、iPod touch(第4世代)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.