ニュース
» 2012年05月08日 11時03分 UPDATE

AppleがiOS 5.1.1を提供――不具合修正や機能改善など

iPhoneやiPad向けの最新OS「iOS 5.1.1」が提供された。アップデートにより、AirPlay再生時の不具合や、iMessageで絵文字が表示されない問題などが修正される。

[田中聡,ITmedia]
photo 端末からもアップデートできる

 Appleが5月7日、iPhoneやiPad向けに、機能改善と不具合修正のためのアップデートを開始した。最新OSは「iOS 5.1.1」。対応機種はiPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、新しいiPad、iPad 2、iPad、iPod touch(第4世代と第3世代)。

 アップデートにより改善される内容は以下のとおり。

  • ロック画面からカメラを起動し、HDR機能を使って撮影する際の信頼性が向上する。
  • 新しいiPadで2Gと3Gネットワークを切り替えられない問題を修正。
  • 一定の状況下で、ビデオのAirPlay再生に影響を及ぼす問題を修正。
  • Safariブックマークとリーディングリストの同期の信頼性が向上。
  • 購入手続きの完了後に「購入できません」と通知される問題を修正。
  • iMessageで絵文字が表示されない問題を修正(MMSで送信した絵文字が相手先の端末で表示されない不具合が修正される)。

 新しいソフトウェアはiTunesから、または無線LAN経由で端末からダウンロードできる。端末からダウンロードした場合のファイルサイズは54.5Mバイト。端末からは「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」からアップデートできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.