ニュース
» 2012年05月08日 18時21分 UPDATE

キャリア各社、茨城と栃木の竜巻被害地域に支援を実施

ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムの携帯・PHSキャリア各社は、竜巻・突風の被害を受けた茨城県と栃木県のユーザーに対して支援策を実施する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムのキャリア各社は5月8日、茨城県と栃木県で発生した竜巻・突風の被害を受けた地域に対し、電話料金の支払期限を延ばすなどの支援措置を実施すると発表した。

 対象となるのは、災害救助法が適用された栃木県真岡市、芳賀郡茂木町、芳賀郡益子町と、茨城県のつくば市、常陸大宮市、筑西市、桜川市の5市2町に所在するユーザー。なお、災害救助法適用地域の拡大があった場合は各社の対象も拡大される見込み。各社の支援内容は以下の通り。

NTTドコモ

 携帯電話サービスなどの利用料金をドコモショップ、コンビニエンスストア、金融機関の窓口で支払っている場合、2012年5月請求分(2012年4月利用分)の支払期限を7月2日まで延期する。なお、口座振替やクレジットカード払いのユーザーは、支払い延期の対象にならない。

 また5月8日から6月30日までの間に携帯電話を修理する場合、その代金の一部減額などを行う。

 そのほかドコモでは、つくば市に携帯電話5台を貸し出しているほか、同じくつくば市内にある以下の避難所で無料充電サービスを行っている。

  1. 市民ホールつくばね
  2. 市民研修センター
  3. 青年会議所
  4. 市民交流センター

KDDI(au)

 携帯電話サービスや固定通信サービス(auひかり、au one net/メタルプラス電話/au one net ADSL/ケーブルプラス電話)の利用料金を窓口で請求書払いしている場合、2012年5月請求分(2012年4月利用分)の支払期限を6月30日まで延期する。口座振替やクレジットカード払いのユーザーは、支払い延期の対象にはならない。

 さらに、自宅から避難したなどの事情により、KDDIの固定通信サービスをまったく利用できなくなった場合、ユーザーからの申告により、その期間の月額基本料や付加サービス利用料を減額する。

 また、破損・故障した携帯電話を5月6日から5月31日までに栃木県、茨城県全域のauショップとPiPitで修理する場合、その費用を一部軽減する。

ソフトバンクモバイル

 利用料金を請求書に応じて窓口で支払っている場合、4月利用分(支払期日:5月6日、5月16日、5月26日)の支払いについては、その期限を請求書記載の日付から1カ月延長する。

 また、利用端末が破損/水漏れ/紛失して交換を希望する場合、その交換費用を無償(一部機種)または一部減免して対応する。交換の受付は、茨城県と栃木県のソフトバンクショップで本日から開始する予定。

 そのほか、災害復興を行う市区町村の災害対策本部などの公的機関やNPO法人などの団体から要請があれば、携帯電話や充電器などの無償貸し出しを実施する。

イー・アクセス

 利用料金をコンビニエンスストア、郵便局等の窓口で支払っている場合、2012年5月請求分(4月利用分)の請求書の支払期限を記載の日付から1カ月延長する。なお、口座振替やクレジットカードによる支払いは対象外となる。

 また、破損・故障したイー・モバイルの携帯電話端末やデータカード端末、ADSLモデムを5月6日から5月31日までに修理した場合に、その費用を一部減免する。

ウィルコム

 5月中に支払い期日が到来する請求書の支払い期日を、通常より1カ月延長する。なお、口座振替・クレジット払いのユーザーは期日通りに引き落とされる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう