ニュース
» 2012年05月11日 13時21分 UPDATE

日本語入力システム「Simeji」、クラウド入力機能で変換精度を向上

Androidスマートフォン向けの日本語入力システム「Simeji」がバージョンアップし、OpenWnnに加えてクラウド入力機能を利用した日本語入力が可能になった。

[園部修,ITmedia]
Photo クラウド入力(変換)に対応したSimeji

 バイドゥが5月11日、Android向けの日本語入力システム「Simeji」をVer.4.11にバージョンアップし、クラウド入力機能の提供を開始した。

 Simejiのクラウド入力では、Simejiで入力した文字をサーバ側に送信してかな漢字変換を行う。OpenWnnでのかな漢字変換に加えてクラウド変換エンジンを利用することで、登録単語数が従来の20倍に増えるほか、これまで変換できなかった単語や長文入力の変換精度が向上する。また変換そのものをクラウド側で行うため、性能が高くない古いスマートフォンでも変換の精度が向上するという。

 クラウド変換エンジンで変換された候補を選択すると、Simejiのユーザー辞書に自動的に登録されるので、クラウド入力を使うことでユーザー辞書がカスタマイズされ、より賢く進化するのもポイント。よく使う単語はオフラインの状態でもユーザー辞書から変換されるようになるため、快適な入力が可能になる。

 クラウド変換エンジンのサーバは日本国内設置しており、入力された単語はSSL通信で暗号化されているためセキュリティ上の心配もない。またアカウント名やパスワードなどはサーバに送らない仕様となっている。設定項目で「クラウド変換」のチェックボックスをオフにすれば、クラウド変換そのものをオフにすることもできる。

Photo クラウド入力のイメージ
Button

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう