ニュース
» 2012年05月15日 10時22分 UPDATE

クアッドコアCPU×Android 4.0搭載の「REGZA Tablet AT500/26F」

auの「REGZA Tablet AT500/26F」は、クアッドコアプロセッサ「NVIDIA Tegra3」を搭載したAndroid 4.0対応のWi-Fi専用タブレット端末だ。広視野角が特徴の10.1インチIPS液晶で、色鮮やかな映像を楽しめる。

[山田祐介,ITmedia]

 auの東芝製タブレット端末「REGZA Tablet AT500/26F」は、クアッドコアプロセッサ「NVIDIA Tegra3」や約10.1インチのIPS液晶ディスプレイなどが特徴のモデル。OSにはAndroid 4.0を採用する。Wi-Fiモデルのみで、3GやWiMAXには対応しない。発売は7月を予定する。

photophoto 「REGZA Tablet AT500/26F」

 1.3GHz駆動のクアッドコアプロセッサにより、動画再生やWebサイトのブラウジングが快適に楽しめる。5Mピクセルのメインカメラに加え、2Mピクセルのインカメラも搭載した。バッテリー駆動時間は、約10時間(連続動画再生時)。

 ディスプレイには約10.1インチ ワイドXGA(800×1280ピクセル)のIPS液晶を採用し、広視野角を確保。東芝独自の映像補正技術「Resolution+」により、高精細で色鮮やかな映像を実現する。このほかにも、高画質機能として「Adaptive Display」、高音質機能として「Audio Enhancer」「Noise Equalizer」「SRS Premium Voice Pro」「Auto Volume Adjustment」「Personal Hearing Enhancement」を搭載した。

 「auスマートパス」などのau独自サービスを大画面で快適に利用できるのも特徴となる。7月下旬に新サービス「ビデオパス」の対応を予定しているほか、「Photo Album(au cloud)」にも対応。端末で撮影した写真を共有して楽しめる。

「REGZA Tablet AT500/26F」の主な仕様
機種名 REGZA Tablet AT500/26F
OS Android 4.0
CPU NVIDIA Tegra3 1.3GHz
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約178.9×260.6×9.0ミリ
重さ 約590グラム
連続駆動時間 約10時間(動画再生時)
メインカメラ 有効約500万画素CMOS
インカメラ 有効約200万画素CMOS
外部メモリ SDカード(SDXC 64Gバイトまで)
ディスプレイ 約10.1インチWXGA(1280×800ピクセル)IPS液晶
無線LAN IEEE802.11b/g/n
Bluetooth 3.0
主なサービス・機能 auスマートパス、ビデオパス、LISMO unlimited、au market、安心アプリ制限、ほか
発売日 7月
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.