ニュース
» 2012年05月16日 12時35分 UPDATE

NEXTシリーズ:NOTTVもワンセグも美しい、指紋認証搭載スマホ――「REGZA Phone T-02D」

映像の美しさを追求した「REGZA Phone」がNOTTV対応を果たし、映像の楽しみをさらに一歩推し進めた。富士通製端末ならではの指紋認証やヒューマンセントリックエンジンなどを継承しつつXiにも対応するなど、機能アップを果たしている。

[園部修,ITmedia]

 “T”の型番を継承する富士通製のREGZA Phoneが、Xi対応を果たし、NTTドコモのNEXTシリーズのラインアップに加わった。前モデルでも人気だった機能を継承しつつ、次世代高速通信とスマートフォン向け放送「NOTTV」への対応を果たしている。

PhotoPhoto Xi対応を果たした「REGZA Phone T-02D」。カラーは左からブルー、ブラック、ピンク

 ディスプレイは約4.3インチのQHD(540×960ピクセル)有機EL、NEW AMOLED plusを搭載しており、高精細かつ彩度の高い鮮やかな表示が可能。さらに液晶テレビREGZAの高画質化技術をスマートフォン向けに最適化した「モバイルレグザエンジン 6.0」やノイズ除去制御技術「アクティブノイズリダクション」などの機能により、新たに対応したNOTTVやYouTubeなどの映像も高画質に楽しめる。テレビやBDレコーダーと接続できる「レグザリンク・シェア」に対応。録画した番組や放送中の番組をREGZA Phone T-02Dで楽しめるほか、高画質なまま端末に転送して持ち歩くことも可能。HDMI接続もサポートしている。

 富士通がAndroidスマートフォンで快適なタッチ操作を実現するためチューニングを施した「サクサクタッチパネル」を備え、独自のタッチ操作予測アルゴリズムやキー入力時の触感フィードバックなどを装備。富士通製端末の代名詞とも言える指紋センサーは、初めてスイッチを備え、画面オフ状態から画面ロック解除なども可能になっている。アプリ別にロック設定ができるアプリロック機能やのぞき見を防ぐプライバシービューなどの機能も備えるなど、セキュリティを重視するユーザーにうれしい機能も多数用意する。

 CPUはXi対応に合わせてQualcommのSnapdragon S4 MSM8960 1.5GHzにパワーアップ。カメラは有効約1310万画素の裏面照射型CMOS「Exmor R for Mobile」を搭載している。画像処理エンジンはMilbeaut Mobileを採用した。バッテリー容量は1800mAhで、NX!エコ機能などによりバッテリーの持ちも改善している。日本語入力システムはATOKで、手書きもできる「NX!Input」も搭載した。もちろん防水・防塵機能やワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイなどにも対応する。

「REGZA Phone T-02D」の主な仕様
機種名 REGZA Phone T-02D
OS Android 4.0
CPU Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960/1.5GHz
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約64(幅)×130(高さ)×9.9(厚さ)ミリ
重さ 約139グラム
連続通話時間 約350分
連続待受時間 約480時間(LTE:250時間)
バッテリー容量 3.7V 1800mAh
メインカメラ 有効約1310万画素CMOS(AF/手ブレ補正対応)
インカメラ 有効約130万画素CMOS
メモリ ROM:8Gバイト、RAM:1Gバイト
外部メモリ microSDHC(別売/最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4.3インチ QHD(540×960ピクセル)有機EL(1677万色)
ボディカラー ピンク、ブルー、ブラック
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n
Bluetooth Ver.4.0
主なサービス・機能 防水(IPX5/IPX7)、防塵(IP5X)、テザリング(8台)、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、エリアメール、GPS、DLNA、DTCP-IP、spモード、dマーケット、緊急地震速報 ほか

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.