ニュース
» 2012年05月16日 12時35分 UPDATE

らくらくホンシリーズ:「らくらくホン」の使いやすさとスマホならではの便利さを融合――「らくらくスマートフォン F-12D」

「らくらくホン」の使いやすさとスマートフォンならではの便利さを融合させたのが「らくらくスマートフォン」。押した感触があるタッチパネルの搭載で、押し間違いを防ぐ。

[後藤祥子,ITmedia]
Photo らくらくスマートフォン F-12D

 ドコモのベストセラー端末「らくらくホン」が、いよいよスマートフォンに――。富士通製の「らくらくスマートフォン F-12D」は、らくらくホンシリーズで培った使いやすさとスマートフォンならではの便利さを融合させたユニバーサルモデルだ。

 防水(IPX5、8)・防塵(IP5X)機能や、最大3人の相手にワンタッチで電話をかけられるワンタッチダイヤル、騒がしい場所でも通話を聞き取りやすくする機能、らくらくホンオリジナルの見やすいメニュー画面はそのままに、地図やラジオ、ワンセグ、おサイフケータイなどの便利な機能を搭載。押すと振動して触れたことが分かるタッチパネルを搭載しており、タッチ操作の初心者でも安心して使えるという。声で機能の呼び出しやインターネットの検索を行える機能も用意され、メニューをたどることなく操作できる。

 ニュースや天気、趣味の情報は、らくらくdメニューを利用して調べることが可能。AF対応のカメラはフォーカスしたい場所を直接タッチして撮影できるようになり、より直感的な操作で使えるようになった。

 使い方が分からないときには、「使い方ヘルプ」ボタンを押すことで調べられ、それでも分からないときには無料でらくらくホンセンターの専門アドバイザーにつながる「ワンタッチメニュー」を利用可能。緊急時に押すと大音量のブザーが鳴るワンタッチブザー、災害時に役立つエリアメール、災害伝言板も装備している。

sa_r03.jpgPhoto 新たな料金体系も発表に

 なお、一般的なAndroid端末は、初めて利用する際にGoogleアカウントを設定する必要があるが、この端末はGoogleアカウントの設定不要で利用できる。アプリはドコモのdメニュー経由のダウンロードのみ可能で、Google Playからのダウンロードには非対応となる。また、Android端末に搭載されているMENUキーと戻るキーは搭載しておらず、ホームキーのみを装備している。

sa_raku10.jpgPhoto

sa_raku12.jpgsa_raku13.jpgPhoto

Photo ボディカラーはゴールド、ネイビー、ピンクの3色。端末は丸みを帯びた形状で、周囲にはすべり止め用のテクスチャーを施している

■らくらくスマートフォン F-12Dの主なスペック
機種名 らくらくスマートフォン F-12D
OS Android 4.0
CPU Qualcomm Snapdragon MSM8255/1.4GHz
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約64(幅)×130(高さ)×10.9(厚さ)ミリ
重さ 約139グラム
連続通話時間 未定
連続待受時間 未定
バッテリー容量 1800mAh
メインカメラ 有効約810万画素CMOS(AF/手ブレ補正対応)
インカメラ 有効約30万画素CMOS
メモリ ROM:4Gバイト、RAM:1Gバイト
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約4インチ ワイドVGA(480×800ピクセル)TFT液晶
ボディカラー ゴールド、ネイビー、ピンク
無線LAN IEEE802.11a/b/g/n
Bluetooth Ver.4.0/3.0+LE
外部インタフェース microUSB
主なサービス・機能 防水(IPX5、8)・防塵(IP5X)、おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグ、spモード、エリアメール、HSDPA(14M)/HSUPA(5.7M)、GSM、GPS ほか
発売日 7月〜8月予定

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.