ニュース
» 2012年05月16日 19時21分 UPDATE

「Xi」対応のコンパクトなモバイルWi-Fiルーター――「L-04D」

ドコモの「L-04D」はXiに対応したLGエレクトロニクス製のモバイルWi-Fiルーター。内蔵バッテリーにより、LTEなら約4時間、3Gでは約5時間の連続通信が行える。ボディは軽量コンパクトで、カラーバリエーションはRedとWhiteの2色を用意。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは5月16日、LGエレクトロニクス製の「Xi」対応モバイルWi-Fiルーター「L-04D」を発表した。6月に発売する。

photo 「L-04D」

 Xiの一部対応エリアでは下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsの高速通信が可能で、それ以外のXiエリアでも下り37.5Mbps/上り12.5Mbpsの通信を利用できる。非Xiエリアでも下り最大14Mbps/上り最大5.7MbpsのFOMAハイスピードに対応。XiとFOMAの切り替えは、端末が自動で行う。さらに、国際ローミングサービス「WORLDWING」もサポートした。なお、海外では3G通信のみ利用できる(LTEは非対応)。

photophoto

photophoto

 ボディは62(幅)×90(高さ)×12.6(厚さ)とコンパクトで、重さも89グラムと軽量なのが特徴。ボディカラーはWhiteとRedの2色を用意している。内蔵バッテリーにより、Xi(LTE)なら約4時間、またFOMA(3G)なら約5時間の連続通信が行える。待受時間はFOMAで約320時間、Xiは約320時間となっている。

yo_l04d06.jpg

 無線LAN(IEEE 802.11b/g/n)で接続可能なWi-Fi機器は最大10台まで。本体には電池残量や電波環境、接続されたWi-Fi機器の台数がひと目で確認できるディスプレイを備えた。このディスプレイには、1カ月間のデータ通信量を表示させることもできる。

「L-04D」の主な仕様
機種名 L-04D
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約62×90×12.6ミリ
重さ 約89グラム
連続通信時間 3G:約5時間、LTE:約4時間
連続待受時間 3G:約320時間、LTE:約160時間
サブディスプレイ あり
対応通信方式 Xi、FOMAハイスピード(FOMAエリア対応)
Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n
外部メモリ
海外対応 WORLDWING(3G)
最大接続台数 10台
発売日 6月予定

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう