ニュース
» 2012年05月23日 20時50分 UPDATE

本体を振ってバッテリー残量を確認できるチューブ型バッテリーが登場

アクト・ツーが、本体を振ることで光るインジケータにより、バッテリー残量が確認できるチューブ型のモバイルバッテリー「MiPow Power Tube Shake 2600」を発売した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 アクト・ツーが、チューブ型モバイルバッテリー「MiPow Power Tube Shake 2600」を5月22日に発売した。希望小売価格は4490円。

 MiPow Power Tube Shake 2600は、アルマイト加工のアルミニウムを使用したコンパクトなモバイルバッテリーだ。容量は2600mAhで、約500回充電できる。本体を軽く振ると、先端のインジケータの光がバッテリー残量によって変化。70〜100%では青、40〜70%では緑、15〜40%ではオレンジ、10%では赤くなる。

 充電はPCなどのUSBケーブルか、電源アダプタなどに接続ケーブルを装着することで家庭用AC電源からも行える。サイズは長さが92ミリ、直径は23.5ミリで、重さは約148グラム。カラーはGrey/Navy Blue/Lite Blue/Pink/Red/Silver/Black/Gold/Purple/Lime Greenの10色を用意しており、専用ベルベットポーチも付属する。

PhotoPhoto チューブ型モバイルバッテリー「MiPow Power Tube Shake 2600」(写真=左)。本体を振ってバッテリー残量を確認できる(写真=右)
Photo 独特の発色をもつアルマイトのカラーバリエーションは10タイプ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.