トップ10
» 2012年05月28日 16時10分 UPDATE

Mobile Weekly Top10:ドコモのスマホシフトを印象づけた“iモードケータイ・ゼロ”(5月21日〜5月27日)

各社の夏モデルで続々と発表される新型スマートフォン。しかし、従来からフィーチャーフォンを使っているユーザーにとっては、選択肢の幅が狭まっているのが現状だ。

[平賀洋一,ITmedia]

 今回の+D Mobile Weekly Top10は、5月21日から5月27日までに読まれた記事へのアクセス数をランキングした。先週もKDDIとNTTドコモの夏モデルに関する話題が引き続き注目を集め、“ケータイ”ユーザーの弊社新入社員から見たスマホ最新モデルのコラムがトップを飾った。

 新モデルのスマホ率が高まるのは予想されたことだが、ドコモの2012年夏モデルでは同社の代名詞でもあった「iモードケータイ」が1台も登場せず、スマートフォンシフトを強く印象づけた。iモード端末の新モデルは今後も登場するそうだが、発売サイクルのペースは遅くなるという。フィーチャーフォンを使い続けるケータイ派にとって、端末選びの選択肢がぐっと狭まるようだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.