ニュース
» 2012年05月29日 12時12分 UPDATE

下り最大110Mbpsの超高速通信を実現、バッテリーも大容量――「ULTRA WiFi 4G 102HW」

仕様上の下り最大速度が110Mbpsと超高速なSoftBank 4G。しかしこれまで、対応端末がなくその実力がフルには発揮されなかった。「ULTRA WiFi 4G 102HW」は下り110Mbpsに初めて対応し、実用性を重視して大容量バッテリーも搭載する。

[平賀洋一,ITmedia]
photo 「ULTRA WiFi 4G 102HW」

 ソフトバンクモバイルが5月29日に発表した「ULTRA WiFi 4G 102HW」は、下り最大110Mbpsの通信を実現したSoftBank 4G(AXGP)対応のHuawei製モバイルWi-Fiルーター。8月上旬の発売を予定している。

 SoftBank 4Gはこれまで下り最大76Mbpsのサービスしか提供しておらず、102HWの登場で初めて、仕様上の最高速度でのサービスが利用可能になる。非AXPGエリアでは、「ULTRA SPEED」(DC-HSDPA)を使った下り最大42Mbps/上り最大5.7Mbpsでの通信が可能だ。またソフトバンクWi-Fiスポットへの接続もサポートしており、同社の公衆無線LANサービスが利用できれば、3Gや4G回線を使わずにほかのWi-Fi機器にネット接続環境を提供できる。通信の切り替えは端末が自動で行う。

 バッテリーは3000mAhと大容量のものを備え、連続通信時間はSoftBank 4Gで約7.5時間、また3G環境では約8時間を誇る。microSDXC(64Gバイト以上)などの外部メモリに接続したWi-Fi機器からアクセスできるNAS機能も備えた。同時に接続できるWi-Fi機器は、最大10台まで。

photophoto 発表会場で展示されたデモ機(ホットモック)

photophotophoto 大容量バッテリーを搭載し、ソフトバンクWi-Fiスポットへの接続も可能(写真=左)。下り110MbpsのSoftBank 4Gは、WiMAXやXiよりも高速(写真=中央)。カバーエリアは、2012年度末に全国の政令指定都市に広がる予定だ(写真=右)

「ULTRA WiFi 4G 102HW」の主な仕様
機種名 ULTRA WiFi 4G 102HW
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約66×105×15.5ミリ
重さ 150グラム
連続通信時間 AXGP:約7.5時間、3G:約8時間
連続待受時間 未定
バッテリー容量 3000mAh
対応通信方式 SoftBank 4G、ULTRA SPEED、ソフトバンク3G
Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)/microSDXC(64Gバイト以上)
最大接続台数 10台
発売日 9月以降発売予定

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.