ニュース
» 2012年06月07日 10時27分 UPDATE

ソフトバンクのシャープケータイ、発信規制時に音声着信やSMS受信などができない不具合

ソフトバンクの一部のシャープ製ケータイで、発信規制時に音声着信やSMS受信などができない事象が確認された。6月13日から順次ソフトウェア更新を実施する。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルが6月6日、シャープ製の携帯電話「PANTONE 4 105SH」「かんたん携帯 008SH」「THE PREMIUM7 WATERPROOF 004SH」「AQUOS SHOT 002SH」「PANTONE 3 001SH」「945SH」「THE PREMIUM5 942SH」にて、発信規制時に音声着信やSMS受信などができない事象が確認されたことを案内した。

 発信規制(通信制限)は、花火大会などの混雑が予想される大きなイベントや大規模な災害時などに、通信が集中してネットワーク障害を引き起こす恐れのある場合に行われる。発信規制中には緊急通報受理機関(警察・海上保安庁・消防)への発信はできるが、今回の不具合のために緊急通報受理機関から着信を受けられなくなるという。緊急通報受理機関からの着信は、緊急通報中に何らかの理由で通話が切断された場合や、通話内容の再確認が必要な場合に、同機関が発信者に連絡を取るためのもの。

 ソフトバンクモバイルは同事象を改善するため、6月13日をめどにソフトウェア更新を開始する。該当ユーザーには6月6日以降、順次SMSで告知する。更新開始日は105SHが6月13日以降、001SHが6月14日以降、004SHが6月15日以降、008SHが6月18日以降、942SHが6月20日以降、945SHが6月21日以降、002SHが6月22日以降を予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.