ニュース
» 2012年06月15日 21時25分 UPDATE

サンワサプライ、予備バッテリーにもなるiPhone用モバイルプロジェクター

サンワサプライが、iPhone4S/4内の写真や動画を投影できるモバイルプロジェクターを発売。iPhoneの約半分というコンパクトなサイズながら、USBケーブルで充電できる予備バッテリーも内蔵する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 サンワサプライが、iPhone4S/4対応「iPhone小型モバイルプロジェクター 400-PRJ015」を発売した。同社直販サイト「サンワダイレクト(本店・楽天市場店・Yahoo! ショッピング店・Amazonマーケットプレイス店)」のみの限定販売で、価格は1万5800円。

PhotoPhotoPhoto コンパクトサイズの「iPhone小型モバイルプロジェクター 400-PRJ015

 400-PRJ015は、iPhoneの約半分というポケットサイズのコンパクトなモバイルプロジェクターだ。Dockコネクタ経由ですぐに使用でき、iPhone内の画像スライドショーや動画の投影、YouTube、GoodReader、Keynoteの図や動画を投影して打ち合わせや会議などで活用できる。専用アプリ「Show U」により投影した画像の拡大や回転、カメラで写した映像やWebページの投影も可能だ。ただしホーム画面投影やミラーリングはできない。

 内蔵した充電バッテリーを電源とするため、ACアダプターを必要とせずどこでも投影可能なほか、電源スイッチを切り替えれば最大で約30%まで充電できる予備バッテリーにもなる。バッテリーの残量や充電状況を表示するLEDライトも備えており、フォーカスダイヤルで精密なピント調整もできる。

 サイズは約47(幅)×60(高さ)×17.5(厚さ)ミリで、重さは80グラム。スクリーンサイズは5〜50インチで、解像度は960×540ピクセル。満充電時には約100分間の連続投影も可能で、照度は最大12ルーメン。対応機種はiPhone4S/4、第3〜4世代 iPod touch。なお、iPod touchは専用アプリに対応していない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.