ニュース
» 2012年06月22日 20時03分 UPDATE

ナイキ、ランニングデータを共有できるAndroidアプリを開発

ナイキは、ランニングデータの記録や共有、比較なども行えるAndroidアプリ「Nike+ランニング アプリケーション」を開発した。日本語版は年内に提供する予定だ。

[エースラッシュ,ITmedia]
Photo 「Nike+ランニング アプリケーション」

 ナイキは、ランニングデータの記録、シェア、比較ができる、Android向けランニングサポートアプリ「Nike+ランニング アプリケーション」を発表した。利用料金は無料。

 Nike+ランニング アプリケーションは、ユーザーの運動データを管理するナイキのネットサービス「Nikeplus.com」とシームレスに接続できるアプリだ。コミュニティ機能やコーチング機能など、ランナーのやる気を高めることを主眼に設計されている。

 ランニング中のナビゲーションや情報確認、音楽の変更などが行えるほか、自分のランニング記録やSNSを利用しての共有、比較も可能だ。またホームスクリーンの「Next Moves」では、最も速く5キロを走る、走行距離を競うなどのチャレンジプログラムも参照できる。

 現在は英語版のみの提供だが、年内には日本語版の提供も開始する。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.