ニュース
» 2012年06月25日 21時00分 UPDATE

NTTドコモ、スマートフォン/タブレット向け「ドライブネットクレイドル 02」を発売

「ドコモ ドライブネット」とドコモタブレットを組み合わせることで、本格的なカーナビを利用できる「ドライブネットクレイドル 02」が登場。GPSレシバーやジャイロセンサー、加速度センサーを内蔵し、スマホ単体よりも正確に現在位置を表示できる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモが、ドコモスマートフォン/タブレット向け「ドライブネットクレイドル 02」を6月29日に発売する。価格はオープンで、予想実売価格は1万4000円前後。

 ドライブネットクレイドル 02は、カーナビ向け情報提供サービス「ドコモ ドコモドライブネット」に対応したもので、ドコモのタブレットやスマートフォンを組み合わせて本格的なカーナビゲーションが利用できる。

 7インチ台や5インチ台の大画面ならではの操作感をはじめ、GPSレシーバー、ジャイロセンサー、加速度センサーといった高度な自社位置測定機能を搭載。GPSが届かないトンネルでもより正確な現在位置の表示が可能だ。

PhotoPhoto スマートフォン/タブレット向け「ドライブネットクレイドル 02」(写真=左)。車内の設置イメージ(写真=右)

 また、一般的なカーナビにおける約7万キロのVICS渋滞情報と、その約5倍となる約33万キロ相当の道路をカバーする「スマートループ渋滞情報」に対応。パイオニア カロッツェリアが運営・管理するもので、幹線道路から細い道路に至るまで広範囲の渋滞情報を取得できる。このほか、燃費が良いときはグリーン、悪いときはレッドに光るLEDをセンサーユニットに内蔵し、エコなドライブをアシストする。

 クレイドルの本体サイズは約195(幅)×約155(高さ)×約44(厚さ)ミリで、重さは約224グラム。センサーユニットのサイズは約76(幅)×約14(高さ)×約50(厚さ)ミリで、重さは約38グラム。 6月25日時点における対応機種は「GALAXY Tab SC-01C」「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」「GALAXY Note SC-05D」「MEDIAS Tab N-06D」、7〜8月発売予定の「Optimus Vu L-06D」、8月発売予定の「L-06D JOJO」で、順次拡大していく予定。

 なお、ドライブネットクレイドル 02とドコモ ドライブネットを組み合わせて利用するには、6月29日にバージョンアップ予定となっているアプリのダウンロードが必要だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.