ニュース
» 2012年06月28日 18時07分 UPDATE

KDDI、「URBANO PROGRESSO」のソフトウェア更新を開始

京セラ製のauスマートフォン「URBANO PROGRESSO」の不具合を解消するソフトウェアアックデートが開始された。

[田中聡,ITmedia]
photo 「URBANO PROGRESSO」

 KDDIが6月27日、京セラ製のスマートフォン「URBANO PROGRESSO」の不具合を解消するソフトウェアアップデートを開始した。

 アップデートにより、アプリ起動中などにホーム画面の切り替えやタップを繰り返した場合に、ホーム画面の表示や文字が崩れる場合がある事象が改善される。

 アップデートは端末単体(3G、Wi-Fi、WiMAX)かPC経由で行える。端末単体からは「設定」→「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」→「ソフトウェア更新開始」から行う。PCからアップデートするには、京セラのWebサイト(外部リンク)からUSBドライバのインストールが必要。

 アップデートファイルサイズは約15Mバイト。更新時間は約10分。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.