ニュース
» 2012年06月28日 22時23分 UPDATE

ケータイで培った技術をスマホに――“人に優しい機能”を強化する富士通 (1/3)

2011年度の国内携帯電話出荷台数でトップになるなど、富士通が好調だ。夏モデルではクアッドコアCPU搭載の「ARROWS X」から初心者向け「ARROWS Me」まで幅広いユーザーに向けた4機種を投入する。特に強化したのが指紋センサーや持ってる間ONなどのヒューマンセントリック機能だ。

[田中聡,ITmedia]

 富士通が6月28日、NTTドコモに供給する夏商戦向け新モデルの説明会を開催した。ドコモ向けモデルはクアッドコアCPUを搭載した「ARROWS X F-10D」、映像機能にこだわったXi・NOTTV対応機「REGZA Phone T-02D」、ANTEPRIMAとコラボレートした女性向けモデル「F-09D ANTEPRIMA」、ケータイからの乗り換えユーザーをターゲットにしたコンパクトな「ARROWS Me F-11D」をラインアップ。ハイエンドからローエンドまで多彩なモデルを取りそろえて夏商戦に臨む。

photophoto 「ARROWS X F-10D」(写真=左)と「REGZA Phone T-02D」(写真=右)
photophoto 「ARROWS Me F-11D」(写真=左)と「F-09D ANTEPRIMA」(写真=右)
photo 4機種とも防水性能をサポートする

photo 富士通の佐相氏

 富士通 執行役員副社長の佐相秀幸氏は「MM総研の調査によると、(日本の)携帯電話販売数は2011年度に4年ぶりに4000万台を超え、12年度以降は4200万台規模で推移すると予想されている。弊社は2011年秋にスマートフォンとタブレットの新ブランド『ARROWS』を発表し、MM総研の調査では11年度のメーカー別シェアでトップをいただいた」と振り返り、好調ぶりをアピールした。「2011年度は800万台を出荷したので今年もそれ並みを目指し、シェア1位も継続したい」(同氏)とした。現時点でiPhoneを発売する意向のないドコモは、夏商戦でAndroidとクラウドを連携させたサービスを中心に展開する。佐相氏は「そういう期待に応えるべく、いろいろな新しい機能やサービスを入れている。富士通の技術がぎゅっと押し込められている。夏モデルではEXILEを起用するキャンペーンも大々的にやる。スマートフォン市場をけん引し、日本市場を元気にできるよう貢献したい」と意気込みを話した。

性能とコンテンツの両軸でメリットのある「Tegra 3」

photo NVIDIAのスティーブ・ファニー・ハウ氏

 夏モデルの中で最も高いスペックを誇るのがARROWS Xだ。同モデルに搭載するNVIDIAのアプリケーションプロセッサー「Tegra 3」をアピールすべく、NVIDIAコーポレーション 日本代表 兼 米国本社副社長のスティーブ・ファニー・ハウ氏がゲストとして登場した。ハウ氏は「PCに匹敵するスマートフォンのパフォーマンスを、低消費電力でどう実現するかが課題となっている。それに応えるのがTegra 3だ」と話す。4つのCPUコアを持つTegra 3では、負荷に応じて使用するコアを1つ、2つ、4つに変えられる。さらに、負荷の少ないアプリを動作させる際には5つ目の「コンパニオンコア」が働き、その間は他の4コアが停止するので、消費電力軽減に貢献するとされている。同氏は「Tegra 3は従来のTegraに比べて5倍のパフォーマンスを実現し、CPUはPCクラスの能力を提供できるようになった。GPUは3倍強化された。バッテリーライフも5つ目のコアを追加することで60%まで抑えられる」と進化点を説明する。ちなみに、Tegra 3搭載のスマートフォンやタブレットは世界では発売中だが、NVIDIA関係者によると、「Tegra 3搭載のLTEスマートフォン」はARROWS Xが世界初だという。

 性能だけでなく、コンテンツにも注目したい。NVIDIAのゲームポータル「Tegra Zone」ではグラフィックをTegra 3に最適化したゲームも配信しており、「家庭用ゲームと同等の体験を得られる」(NVIDIA担当者)という。現在、Tegra 2/3に最適化されたゲームは30タイトル(うちTegra 3向けは5タイトル)が配信されており、2012年内に50タイトルほどに拡大する見通しだ。

photophoto 4+1のクアッドコアCPUを搭載する「Tegra 3」
photophoto ゲームポータルの「Tegra Zone」からTegraに最適化されたゲームをダウンロードできる(写真=左)。描画性能も優れている(写真=右)
photophotophoto 高速処理と高画質がTegra 3の特徴(写真=左)。グラフィックプロセッサーに「GeForce」を搭載している(写真=中)。メインの4コアと省電力コア(コンパニオンコア)を使い分けられる(写真=右)
photo Tegra 3用のゲームをテレビに出力して楽しめる


photophotophoto F-10Dは無接点で充電できる「おくだけ充電」もサポートしている(写真=左)。左が前モデルの「ARROWS X LTE F-05D」、右がF-10D(写真=中、右)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.