トップ10
» 2012年07月09日 17時00分 UPDATE

Mobile Weekly Top10:プラットフォーム化を目指す「LINE」 KDDIとも提携――(7月2日〜7月8日)

急速にユーザー数を増やしているNHN Japanの通話アプリ「LINE」。同社はLINEを単なるアプリではなく、プラットフォーム化することでエコシステムを広げたい考えだ。

[平賀洋一,ITmedia]

 今回の+D Mobile Weekly Top10は、7月2日から7月8日までに読まれた記事のアクセス数を集計した。LINEを提供するNHN Japanは7月3日、LINEを単なるアプリではなくプラットフォーム化する構想を発表した。今回のランキングで1位となったのは、このLINEのロードマップを取り上げた本田雅一氏の連載だった。

 NHN Japanの発表に合わせて、KDDIが「auスマートパス」でLINEを提供すると発表した。もともとLINEは無料アプリだが、auスマートパス会員向けにはオリジナルの限定スタンプを無料で提供するという。また未成年保護を目的とした取り組みも両社で行うとしている。KDDIはすでに、同じ無料通話アプリの「Skype」と提携してau Skypeをスマホ・ケータイ向けに提供している。スマホ化と回線の高速化を背景に、無料通話アプリの存在感が日に日に増しているようだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう