コラム
» 2012年08月01日 16時02分 UPDATE

信憑性が高まってきた「次期iPhone 9月12日発表」説

米国時間の7月30日から、米国の複数の有力メディアが、Appleの新製品発表のタイミングが9月12日になると報じている。iOS 6のリリースタイミングが秋ということもあり、今回は単なる噂ではなさそうだ。

[園部修,ITmedia]

 米メディアiMoreが7月30日(現地時間)、Appleが9月12日にイベントを開催し、次期iPhoneや「iPad mini」を発表する、とのスクープ記事を掲載したが、AllThingsD、THE VERGEといった有力サイト、そしてロイターなどからもこれを確認するような記事が出ている。これまで次期iPhoneの発表についてはさまざまな噂や憶測が流れたが、ここに来てかなり信憑性が高くなってきていると言えそうだ。

 iMoreが報じたのは、9月12日に発表イベントがあり、発売は9月21日になるだろうという内容。また次期iPhoneだけでなく、小型のiPadも発表されると伝えている。

 またAllThingsDでも、9月9日の週にイベントがあるという情報はつかんだと報じている。「おそらく水曜日(12日)くらいになる」との内容だ。またAllThingsDでは、Appleの2012年第3四半期の決算数字で、部品の在庫を確保するための前払金が直前の四半期から大幅に増えていることを指摘しており、大型商品の発表を間近に控えている証拠だとしている。

 THE VERGEも、9月12日にイベントがあるという情報を「確認した」としている。そこで発表される製品は「次期iPhoneだと考えられる」と報じた。ロイターも同様の内容を報道している。

 Appleからの正式な発表はまだないが、iOS 6のリリース時期が今秋の予定であることから考えても、十分に考えられる日程と言える。すでに次期iPhoneについてはさまざまな情報が出ており、ディスプレイが縦長の4インチになること、Dockコネクタが小型の新しい仕様になること、などが噂されている。また、ケースのリーク画像なども複数のサイトが掲載しており、正式発表を前に徐々にその姿が明らかになりつつある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.