ニュース
» 2012年08月08日 12時02分 UPDATE

ドコモ、「BF-01D」「GALAXY S III SC-06D」「AQUOS PHONE st SH-07D」のソフト更新を開始

8月8日に、ドコモのモバイルWi-Fiルーター「BF-01D」とスマートフォン「GALAXY S III SC-06D」「AQUOS PHONE st SH-07D」のソフトウェア更新が開始された。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが8月8日に、モバイルWi-Fiルーター「BF-01D」と、スマートフォン「GALAXY S III SC-06D」「AQUOS PHONE st SH-07D」の不具合を解消するソフトウェア更新を開始した。

photophotophoto 左から「BF-01D」「GALAXY S III SC-06D」「AQUOS PHONE st SH-07D」

 アップデートにより解消される不具合は、以下のとおり。

BF-01D

  • 電源を起動すると、まれにドコモUIMカードを認識しない場合がある。

GALAXY S III SC-06D

  • spモードメールの添付ファイルを開こうとすると、エラーメッセージが表示され開けない場合がある。

AQUOS PHONE st SH-07D

  • ブラウザを長時間利用すると、まれにブラウザが強制終了する場合がある。
  • 特定のアプリの使用中、まれに強制終了する場合がある。

 BF-01DではPCやスマートフォンから設定画面を開き、「ファーム更新画面へ」からファームウェアを選択し、「更新実行」から更新をする。更新の所要時間は約7分。

 SC-06Dは自動更新には対応しておらず、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から手動で更新する必要がある。PCソフト「Samsung Kies」経由での更新も可能だ。更新時間は端末本体からが約4分、Samsung Kies経由が約13分。

 SH-07Dでは、新しいソフトウェアが自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態は午前2時〜5時)に書き換えられる。また、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から手動での更新も可能。更新時間は約9分。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.