ニュース
» 2012年08月09日 21時44分 UPDATE

「auかんたん決済」でのEdyチャージ カード払いのユーザも対象に

KDDIと楽天Edyは、「auかんたん決済」からEdyへチャージできる対象ユーザーを拡大する。従来はケータイ料金を銀行口座振替で支払うユーザーのみが対象だったが、今後はカード払いのユーザーも対象に加える。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIと楽天Edyは、「auかんたん決済」からのEdyチャージについて、携帯電話料金をカード払いにしているユーザーも対象にすると発表した。8月14日から利用できる。

 auかんたん決済は、月々の携帯電話料金に、ECやWebサービス・コンテンツの購入代金を合算して支払えるサービス。2社は2011年8月にブランドコンセプト「Edy | au」を立ち上げ、銀行口座振替で携帯電話料金を支払うユーザーを対象に、auかんたん決済を使ったEdyチャージを提供してきた。

 8月14日以降は、「auじぶんcardセゾン」「セゾンカード」「楽天カード」「KCカード」のいずれかで携帯電話料金を支払っているユーザーも、auかんたん決済からのEdyチャージが可能になる。なお、セゾンカードについては、Visa/MasterCard/JCBのみを取り扱う。

 また「Edy | au」のスタート1周年を記念し、合計300万円分のEdyをキャンペーン参加者に分配するキャンペーンも実施。“山分け”の対象となるのは、8月14日から9月30日までに、auかんたん決済を使って5000円以上のEdyをチャージしたユーザー。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.