ニュース
» 2012年08月14日 15時41分 UPDATE

下り最大76MbpsのWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G 102Z」、8月18日発売

SoftBank 4Gに対応したZTE製のモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G 102Z」が、8月18日から販売される。

[田中聡,ITmedia]
photo 「ULTRA WiFi 4G 102Z」。カラーはルナホワイト1色

 ソフトバンクモバイルが8月14日、ZTE製のモバイルWi-Fiルーター「ULTRA WiFi 4G 102Z」を8月18日に発売することを発表した。

 102ZはAXGPネットワークを利用する「SoftBank 4G」に対応し、下り最大76Mbpsの通信が可能なWi-Fiルーター。最大10台の機器との接続が可能。下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」もサポートするほか、自動切り替えにより、ソフトバンクの公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」への接続も可能。バッテリー容量は2800mAhで、最大7時間の連続通信が可能。

 現在月額3880円で利用できる「4Gデータし放題フラット」の加入者は、申し込み不要、月額料金無料でソフトバンクWi-Fiスポットを利用できる。


「ULTRA WiFi 4G 102Z」の主な仕様
端末名 ULTRA WiFi 4G 102Z
サイズ(幅×高さ×厚さ) 57×106×15.85ミリ
重さ 約120グラム
連続通信時間 約7時間
通信速度 SoftBank 4G(最大76Mbps/最大10Mbps)、ULTRA SPEED(最大42Mbps/最大5.7Mbps)
無線LAN規格 IEEE802.11b/g/n
使用周波数 W-CDMA:1.5GHz帯(海外向けに2.1GHzにも対応)、AXGP:2.5GHz帯

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.