ニュース
» 2012年08月23日 15時34分 UPDATE

ドコモ、「AQUOS PHONE sv SH-10D」の事前予約を8月24日から開始 30日発売予定

NTTドコモが8月24日から、XiとNOTTVに対応したシャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE sv SH-10D」の事前予約を受け付ける。発売は8月30日の予定だ。

[園部修,ITmedia]

 NTTドコモが8月24日から、シャープ製のAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE sv SH-10D」の事前予約を開始すると発表した。予約は販売開始前日まで全国のドコモショップで受け付ける。また、ドコモマイショップ会員向けには、Webからの受け付けを24日正午から行う。DCMX GOLD会員向けには、最新ケータイ先行予約として、24日1日限定で予約を受け付ける。発売は8月30日を予定しているが、正式な発売日は決定し次第改めて告知する。

PhotoPhoto 「AQUOS PHONE sv SH-10D」。ボディカラーはORANGE、WHITE、BLACKの3色

 AQUOS PHONE sv SH-10Dは、ドコモの次世代高速通信サービス「Xi」と、スマートフォン向けマルチメディア放送「NOTTV」の両方に対応したAndroid 4.0搭載のスマートフォン。1.5GHzのデュアルコアプロセッサー、「Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960」をCPUに採用し、バッテリーも1900mAhと比較的容量が大きめ。ディスプレイは約4.5インチで、高画質エンジン「SV Engine 3」により動画や写真を美しく再現。カメラは有効約1210万画素の裏面照射型CMOSを搭載している。IPX5/7等級の防水性能、IP5Xの防塵性能を備えるほか、おサイフケータイ、赤外線通信といった日本市場向けの機能に対応。シャープが2012年夏モデルに搭載する独自のホームアプリ「Feel UX」も備える。

 NOTTVやワンセグを視聴する際に便利な卓上ホルダ「Viewer Dock」も同梱しており、取り付けると室内での受信感度が向上するアンテナが利用できるほか、充電開始時に新着動画やお勧め動画を通知する「Dock to play」機能も利用可能だ。ボディにはMHLに対応した端子を備え、HDMIに変換してテレビなどに映像の出力が可能。またDLNAやWi-Fiディスプレイ、FMトランスミッターといった多彩な方式で、端末内のコンテンツを他の機器で利用できる環境も提供する。

「AQUOS PHONE SV SH-10D」の主な仕様
機種名 AQUOS PHONE SV SH-10D
OS Android 4.0
CPU Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960(1.5GHzデュアルコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約64(幅)×126(高さ)×9.9(厚さ)ミリ
重さ 約138グラム
連続通話時間 未定
連続待受時間 未定
バッテリー容量 1900mAh
メインカメラ 有効約1210万画素裏面照射型CMOS(AF/手ブレ補正対応)
インカメラ 有効約32万画素CMOS
メモリ ROM:8Gバイト、RAM:1Gバイト
外部メモリ microSDXC(別売/最大64Gバイト)
ディスプレイ 約4.5インチ HD(720×1280ピクセル)Super CG Sillicon液晶 1677万色
ボディカラー ORANGE、WHITE、BLACK
Bluetooth Ver.3.0
主なサービス・機能 Xi、FOMAハイスピード(下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbps)、防水(IPX5/IPX7)、防塵(IP5X)、Wi-Fiテザリング(5台)、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、エリアメール、GPS、DLNA、DTCP-IP、spモード、dマーケット、緊急地震速報 ほか

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.