ニュース
» 2012年08月27日 10時36分 UPDATE

「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」、8月28日からAndroid 4.0へアップデート

ドコモのタブレット「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」が、8月28日からAndroid 4.0へアップデートすることが可能になる。本体またはPC経由でアップデートできる。

[田中聡,ITmedia]
photo 「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」

 NTTドコモが、8月28日10時から「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」をAndroid 4.0へアップデートする。

 Android 4.0にアップデートすることで、顔認証で画面ロックを解除できる「フェイスアンロック」機能が利用可能になるほか、「Google+」「メッセンジャー」「Playムービー」アプリが追加される。操作中に別ウィンドウを表示させて他のアプリを利用できる「Mini Apps」には3種類のアプリが追加され、ミニアプリ一覧の変更/削除ができるようになる。操作性も向上し、ショートカットやアプリを長押し後、ドラッグ&ドロップで簡単にフォルダ作成が可能になるほか、最近使ったアプリ一覧から、任意のアプリを左右にフリックすると削除される。また、スケジューラーアプリ「Sプランナー」が追加される。

 あわせて、ブラウザで特定のWebページを閲覧している際に、前の画面に戻ろうとすると、エラー画面が表示される場合がある不具合が解消される。

 アップデートは「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から行える。自動更新には対応していない。docomo Wi-Fiを利用しての更新も可能。GALAXY Tab 10.1をPCに接続し、PCソフト「Samsung Kies」を使っての更新もできる。更新時間は端末からが約30分、PC経由が約45分。バージョンアップ後のビルド番号は「IMM76D.OMLPH」。

 なお、最新のFlash PlayerにアップデートせずにAndroid 4.0へアップデートすると、Flash Playerが削除される場合がある。引き続きFlash Playerを利用する場合は、事前に最新バージョンのFlash Playerに更新しておく必要がある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.