ニュース
» 2012年08月30日 16時00分 UPDATE

NTTドコモ、「ARROWS X」「フォトパネル 04」のソフト更新を開始

ドコモは、「ARROWS X F-10D」「フォトパネル 04」のソフト更新を開始した。ARROWS Xでは特定の操作を行うと再起動する不具合を解消する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは8月30日、富士通製のAndroidスマートフォン「ARROWS X F-10D」と、Huawei製の通信機能付きデジタルフォトフレーム「フォトパネル 04」のソフトウェア更新を開始した。

 ARROWS X F-10D向けのソフト更新では、携帯電話(本体)の電源がオンの状態で電池パックを抜き差しし、再度電源オンするとまれに再起動するという不具合を解消する。更新用ソフトは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(デフォルトは午前2時〜午前5時)に書き換えを行う。なお、待受中に「MENU」→「本体設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」と操作するこで、手動の更新も行える。更新の所要時間は約5分。

 フォトパネル 04のソフト更新では、画像の一部が不鮮明に表示されるという不具合を解消する。更新用ソフトは「お便りフォトサイト」に登録している場合、自動または電源起動時にダウンロードされ、本体の書き換えを行う。所要時間は約3分。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.