ニュース
» 2012年09月12日 15時45分 UPDATE

WCPのAXGP基地局が1万2693局を突破――2012年度末の計画数を前倒しで達成

ソフトバンクモバイルが「SoftBank 4G」サービスに用いているAXGPネットワークの基地局が、9月6日に前倒しで1万2693局を突破した。

[田中聡,ITmedia]

 Wireless City Planning(WCP)が9月12日、AXGPネットワークのサービスエリアが、2012年9月6日に1万2693局を突破したことを発表した。この数字は、総務大臣から認定を受けた開設計画における2012年度末の基地局数なので、WCPは半年以上前倒しで達成できたとしている。

 AXGPネットワークは、2.5GHz帯を使用するウィルコムの「XGP」を高度化させたもので、TD-LTEと高い互換性を持つ。2010年12月にウィルコムのXGP事業をWCPが継承し、2011年11月からAXGPのエリア拡大を進めてきた。2012年2月からは、ソフトバンクモバイルがMVNOとして、AXGPネットワークを用いた「SoftBank 4G」サービスを提供している。通信速度は下り最大110Mbps(端末によっては下り最大76Mbps)。

 2012年8月末時点で、422市町村でAXGPネットワークが利用できる。WCPは、今後も積極的にエリア整備を進め、2012年度末には全国政令指定都市の人口カバー率100%を目指すとしている。なお、現時点での人口カバー率は公表していない。

※初出時にAXGPを利用できる市町村の数を「502」としていましたが、WCPのカウントミスで、対応予定の市町村も含まれていることが判明しました。正しくは「422」なので訂正しました(10/5 18:57)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう