ニュース
» 2012年09月12日 23時02分 UPDATE

アスク、ソーラーパネルを搭載したBluetooth対応スピーカー「Rukusシリーズ」

アスクは、ソーラーパネルとバッテリーを内蔵したBluetooth対応のステレオスピーカー「Rukusシリーズ」を発売する。屋外でも高い視認性を誇る「E-Ink」をディスプレイに採用した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 アスクは、EtonのBluetooth対応ステレオスピーカー「Rukusシリーズ」を9月下旬に発売する。予想市場価格は1万2800円前後。

PhotoPhoto Bluetooth対応ステレオスピーカー「Rukusシリーズ」

PhotoPhoto ブラック(写真=左)とホワイト(写真=右)

Photo グリーン

 Rukusシリーズは、上面に単結晶ソーラーパネルと1500mAhの内蔵バッテリーを搭載したスピーカー。約6時間でフル充電でき、約8時間の連続使用が可能となっている。BluetoothによりiPhone/iPadやAndroid端末、ノートPCなどと無線接続できるが、3.5ミリミニジャックのAUX入力も備えており、Bluetooth非対応のオーディオデバイスでも利用できる。また、屋外での利用を考慮し、視野が広く太陽光下でも高い視認性を誇る電子ペーパーの「E-Ink」をディスプレイに採用。またiPhone/Androidスマートフォンへ給電できるUSBポートも搭載した。

 外形寸法は304(幅)×206(高さ)×62(奥行き)ミリで、重さは1.873キロ。カラーはブラック、ホワイト、グリーンの3色を用意する。ボディの後ろには、スマートフォンなどをホールドするためのゴムバンドが付いている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう