ニュース
» 2012年09月24日 14時16分 UPDATE

ドコモ、「BF-01B」のソフトウェアアップデートを開始

バッファロー製のモバイルWi-Fiルーター「BF-01B」の不具合を解消するソフトウェア更新が開始された。

[田中聡,ITmedia]
photo 「BF-01B」

 NTTドコモが9月24日、バッファロー製のモバイルWi-Fiルーター「BF-01B」の不具合を解消するソフトウェアアップデートを開始した。

 アップデートにより、手動で電源をオフにしたにもかかわらず、まれに自動で電源オンとなる場合がある不具合が解消される。また、より快適に利用するための更新や、一部仕様と表示の変更なども含まれる。

 アップデートは、Windows PCとBF-01Bを接続して行う。バッファローのWebサイト(外部リンク)から更新ファイルをダウンロード後、電源を入れたBF-01BをPCに接続し、更新ファイルをダブルクリックして実行してアップデートを開始する。アップデート後のソフトウェアバージョンは「1.84」。更新時間は約3分。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.