ニュース
» 2012年09月26日 18時03分 UPDATE

家電の操作、寝たきりでも――スマートフォン向けリモコンアプリ登場

寝たきりでも家電操作やメモ入力、メッセージのやりとりが可能に――。テックファームが障害を持つ人向けのAndroidアプリを開発。操作用と表示用のアプリを用意し、画面を見ながらタッチで操作できるようにした。

[後藤祥子,ITmedia]

 寝たきりでも家電操作やメモ入力、Facebookを通じたメッセージのやりとりが可能に――。テックファームが障害を持つ人向けの生活支援Androidアプリを開発した。

 表示用アプリの「At-Scan」と操作用アプリの「At-Switch」で構成され、表示用端末にAt-Scan、操作用端末にAt-Switchをインストールして利用する。表示用端末には操作メニューが表示され、カーソルが規則的に移動する。利用者は、利用したいメニューの上にカーソルが移動したときに操作用端末をタッチすることで、各種操作を行える。At-Scanは、マイクや障害者向けスイッチ機器との連動にも対応しており、タッチ操作ができない人でも利用できるという。

Photo 利用イメージ

 価格は「At-Scan」が2000円(機能限定の無料版もあり)、「At-Switch」が無料。2013年初旬をめどにGoogle Playで配信する予定で、公開にさきがけて、9月26日に開幕する「国際福祉機器展」でアプリを披露する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう