ニュース
» 2012年10月09日 13時01分 UPDATE

韓eB Cardの電子マネーサービス、ドコモのおサイフケータイで利用可能に

韓国のデパートやコンビニ、地下鉄など5万2000カ所で利用できる韓eB Cardの電子マネーサービスが、ドコモのおサイフケータイで利用可能になる。

[後藤祥子,ITmedia]

 韓国のデパートやコンビニ、地下鉄などで、おサイフケータイによる支払いが可能に――。NTTドコモと韓通信キャリアのKT、韓電子マネーサービス事業者のeB Cardの3社が、ドコモ端末をeB Cardの電子マネーサービス「Cashbee」に対応させるための検討を行うことで合意した。

 Cashbeeは、2010年8月にロッテグループのeB Cardが開始したNFC対応のプリペイド型電子マネーサービス。韓国国内のロッテグループのデパートやコンビニエンスストア、地下鉄、バス、タクシーなど約5万2000カ所で利用でき、ユーザー数は500万人に達しているという。

 今回の合意は、日本と韓国との間でシームレスにNFCサービスを相互利用できるようにする施策の第一歩となるもの。ドコモとKTは2005年に事業・技術協力委員会を設立し、2011年2月からサービスの実現に向けた検討や端末、ネットワーク、課金プラットフォームなどの仕様策定を行ってきた。

 両社は日本、韓国のユーザーがそれぞれの国のNFCサービスを利用できる環境を2013年度に構築する計画で、サービスの第1弾として、ドコモのスマートフォンをCashbeeに対応させる。なお、従来のおサイフケータイ機能付きスマートフォンや、現行のNFC端末は非対応となり、利用にあたってはCashbeeに対応するために作り込んだスマートフォンが必要になるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう