ニュース
» 2012年11月26日 15時19分 UPDATE

ドコモ、IGZO搭載の「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」を11月29日に発売

ドコモのシャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」が、11月29日から販売される。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが、シャープ製スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」を11月29日に発売する。

photophoto シャープ製の「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」。ボディカラーはRed、White、Blue

 SH-02E最大の特長は、シャープが開発した新世代ディスプレイ「IGZO」を世界で初めて搭載したこと。IGZOでは液晶のトランジスタを薄型化でき、画素あたりのバックライトの透過率が従来のCG Silicon液晶よりも約70%向上。これにより、同じ消費電力でIGZOの方が明るく表示できる。また、従来の液晶では静止画を表示しているときでも、CPUから1秒間に60回画像を転送していたが、IGZOでは静止画の表示中はCPUの動きを抑え、1秒間に1回しか電流を流さないので、消費電力を大幅に抑えられる。

 HD表示(720×1280ピクセル)対応の4.9インチディスプレイを搭載しながら、狭額縁設計により、幅は約68ミリに抑えた。プロセッサーは、クアッドコアCPUを備えるQualcommのSnapdragon S4「APQ8064」を採用し、メモリはROMが32Gバイト、RAMが2Gバイトに増強されている。通信サービスは下り最大100MbpsのXi(LTE)を一部エリアで利用でき、800MHz帯のLTE通信もサポートする。さらにバッテリーは2320mAhという大容量のものを備える。

 カメラは裏面照射型CMOSセンサーを採用。画素数は約1630万に向上し、デジタル16倍ズームで遠くの被写体をより写しやすくなった。約0.4秒でカメラが起動する「ON速起動」も健在だ。さらに、光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正に、音声でシャッターを切れる「Voice Shot」を加えたトリプル手ブレ補正により、ブレを極力抑えて撮影できる。120万画素のインカメラにも裏面照射型CMOSセンサーを採用しているので、自分撮りでもノイズを抑えられる。

「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」の主な仕様
機種名 AQUOS PHONE ZETA SH-02E
OS Android 4.0
CPU Qualcomm Snapdragon APQ8064(1.5GHzクアッドコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約68×135×9.8ミリ
重さ 約152グラム
連続通話時間 3G:約580分、GSM:約690分
連続待受時間 LTE:約350時間、3G:約380時間、GSM:約340時間
バッテリー容量 2320mAh
メインカメラ 有効約1630万画素裏面照射型CMOS(AF/手ブレ補正対応)
インカメラ 有効約120万画素裏面照射型CMOS
メモリ ROM:32Gバイト、RAM:2Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大64Gバイト)
ディスプレイ 約4.9インチHD(720×1280ピクセル)IGZO液晶 1677万色表示
ボディカラー Red、White、Blue
主なサービス・機能 NOTTV、Xi(下り100Mbps/上り37.5Mbps)、FOMAハイスピード(下り14Mbps/上り5.7Mbps)、WORLD WING(3G+GSM)、おサイフケータイ、防水/防塵、Wi-Fi、テザリング、エリアメール、GPS、Bluetooth、DLNA/DTCP-IP、NFC(決済サービス含む)、しゃべってコンシェル、ドコモクラウド、スマートフォンあんしん遠隔サポート ほか

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-