Special
» 2012年11月29日 10時00分 UPDATE

世界初のIGZO搭載――「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」は“ここ”が新しい! (1/2)

シャープの新型スマートフォン「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」は、世界で初めてディスプレイに「IGZO」を採用したモデル。このIGZOは何がすごいのか。そしてSH-02Eはスマートフォンとしてどんな進化を遂げたのか。その見どころを徹底チェックした。

[PR/ITmedia]
PR

 この冬は各社から数多くのスマートフォンが発売され、「どの機種にすべきか」と悩んでいる人が多いだろう。その中でも本命と言えるのが、ドコモから発売されたシャープ製端末「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」だ。基本スペックが高く、トレンド機能を網羅した“全部入り”であることに加え、シャープが開発してきた新世代のディスプレイ「IGZO」を世界で初めて搭載したことが最大の特長だ。このIGZOは何がすごいのか。そしてスマートフォンを使う上でどんなメリットがあるのか。SH-02Eの見どころとあわせてチェックしていこう。

photophoto 「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」。ボディカラーはRed、White、Blueの3色

省電力と高画質を両立した新世代ディスプレイ「IGZO」を搭載

photo 静止画表示中の画像転送を抑えられるので、このようにWebサイトを閲覧するときなどに省エネ効果を得られる

 前面がタッチパネルディスプレイで占められるスマートフォンは、ディスプレイのクオリティで最初の評価がほぼ決められるといっても過言ではない。今、人気のスマートフォンを見渡してみても、いずれも、まずディスプレイの美しさ、見やすさをアピールし、ユーザーにもその点が高く評価されている。

 SH-02Eは、同社が開発した新世代ディスプレイ「IGZO(イグゾー)」を搭載したことで注目されている。IGZOとは、シャープが2002年から開発を進めてきた酸化物半導体の技術のこと。インジウム(In)、ガリウム(Ga)、亜鉛(Zn)で構成する酸化物(O)をTFT(薄膜トランジスタ)に用いることで、高画質とタッチパネルの高精度化、省電力を実現する。従来のCG Silicon液晶に比べて、バックライトの透過率が約1.2倍高く、より明るい表示が可能になる。

 そしてIGZOは、自動車のアイドリングストップのように、静止画の表示中はCPUの表示部をストップして電力を節約する。液晶も1秒間に1回動くだけ(従来の液晶は1秒間に60回動く)なので、バッテリーの消費が大幅に抑えられる。例えば、連続静止画表示時間は約24時間で、2011年冬モデル「AQUOS PHONE SH-01D」の約4.8倍。連続動画再生時間は約11時間で、同じく約2.8倍にまで伸びる。

photo IGZOでは、静止画表示中の画像転送を、従来の1秒間に60回から、1秒間に1回へ抑えられる

タッチ操作も快適に――ペン入力できるアプリも用意

 IGZOはタッチ操作時の微細な信号をしっかり検出するので、操作の精度も向上する。通常の指でのタッチ操作はもちろん、細いペン先の位置も検知するので、これまでの手書き入力では難しかった細い文字も違和感なく書ける。イラストを描くのが得意な人なら繊細な表現ができるだろう。

 SH-02Eにはイヤフォンジャックに差し込めるタッチペンを同梱しており、手書きの際に活躍する。ペン先が細いのでIGZOとの相性も良く、違和感なく書き込める。このペン入力に最適なアプリとして、ノート機能とスケジューラ機能が融合した『「書」ノート』を用意した。このアプリは「ノート」「日」「週」「月」の4項目に分かれている。ノートには当日の日付でメモを記録でき、日/週/月には専用のスケジューラーに予定を残せる。またGoogle カレンダーとの同期にも対応しているので、Google カレンダーに記録した予定も反映される。ペンは2種類、文字色は16色+パレット、ペンの太さは1〜30段階、ペンの透明度0〜100%から選べるなど設定も豊富だ。ペンの種類や文字色などの設定は3つまで保存できるので、用途に応じて使い分けるといいだろう。

photophotophoto 同梱のペンは、このようにイヤフォンジャックに差し込んで持ち運べる(写真=左)。ペンは非常に短いので携帯しやすい。また、ペン入力中は、画面の端に指が触れてもタッチと検出されないよう工夫されている(写真=中)。ペン先が細いので書きやすい(写真=右)
photophotophoto 「書」ノートは、画面右のタブでスタイルを切り替えて利用する。「ノート」は日付の入った手書きメモ(写真=左)。日/週/月タブでカレンダーを表示し、手書きメモを加えることができる(写真=中)。ペンの種類、色、太さなどを設定できる(写真=右)

4.9インチだけど片手でも違和感なく操作できる

 SH-02Eのディスプレイサイズは4.9インチと大きいが、本体の幅は68ミリに抑えられている。これはギリギリまでディスプレイから端までの縁を狭めたためで、4.9インチの大画面を片手でしっかり持てる。ボディの角が丸く、手になじむ形になっているおかげもあるだろう。片手で操作するのは難しいときもあるが、持って違和感のないサイズだ。スマートフォンはどうしてもスクエアな形状になりがちだが、SH-02Eでは本体左右下の角がカットされているので、手に優しくしっかりフィットする。

photophoto 4.9インチの大きなディスプレイを備えているが、幅が68ミリに抑えられているので、片手でもしっかり持てる(写真=左)。左右下の角が削がれているので手にフィットしやすい(写真=右)

光学式手ブレ補正機能を搭載する1630万画素カメラ

photo スマホでは最大クラスとなる16Mピクセルカメラを装備

 高品質なディスプレイと同じくらいスマートフォンにとって重要なのが、高性能なカメラだ。SH-02Eが搭載するカメラの画素数は1630万と非常に高く、機能も充実している。約0.4秒で高速起動し(Feel UX設定時)、「連撮モード」(4Mバイト以下)を利用するとパシャパシャと続けて撮影できる。最大16Mサイズの高精細な写真を撮影でき、明るく撮れる裏面照射型CMOSセンサーを採用しているので、暗い室内で撮影しても十分きれいだ。16メガピクセルカメラを備えたことで、デジタルズームは最大16倍をサポートする。動物や景色など、遠くのものを撮影するときに重宝するだろう。

photophoto 撮影中の画面を右/左方向になぞるとズームイン/アウトできる
photophoto こちらは16Mサイズで最大ズームにして撮影したもの。右の写真はスカイツリーをマンションの廊下から撮ったもの。室内の写真だとノイズが乗りやすいが、屋外なら16倍でもある程度きれいに撮れる

 「電子式手ブレ補正」に加え、より強力に手ブレを防ぐことができる「光学式手ブレ補正」機能も搭載しており、裏面照射型CMOSセンサーとあわせて、暗い場所でもきれいに撮影できる。さらに、声をかけることでシャッターが切れる「Voice Shot」に対応。これら3つの機能を駆使することで、手ブレによる失敗写真を防げるはずだ。カメラの音声操作はシャッター以外の操作も対応している。例えば、「明るくして」「暗くして」で明るさ調整、「ズームイン」「もっと大きく」でズームイン、「カメラ切り替え」でインとアウトカメラの切り替え、「モバイルライトオン」「フラッシュ消して」でモバイルライトの設定をするといった具合だ。

 撮影シーンをカメラが自動で認識し、最適なモードになるシーン自動認識も進化し、SNSなどでネットにアップロードすることが多い料理の認識率を向上させた。また、よく使う撮影モードを登録し、選んですぐに撮影できる「カメラWidget」を用意。例えば、ここにシーン設定の「料理」を登録しておけば、料理の撮影に最適なモードでカメラが起動する。

 また、このウィジェットには、登録する3つのモードとは別に「手鏡」モードが用意されている。起動するとインカメラが起動し、画面をタップすると静止させることができる。鏡のように身だしなみチェックなどで利用するための機能だ。なお、インカメラも120万画素裏面照射型CMOSカメラを採用しており、自分撮りもきれいに行える。

photophoto カメラの「設定」→「音声操作設定」→「ヘルプ」から、音声操作できる機能を確認できる。シャッターのほか、ズームや明るさ調整、サイズの設定も声で行える(写真=左)。光学式と電子式の手ブレ補正を組み合わせ、簡単にきれいに撮影できる(写真=右)
photophoto カメラウィジェットには、最大3つの撮影モードを登録でき、タッチしたモードでカメラが起動して、素早く撮影できる。料理モードを設定しておけば、設定に手間取って料理が冷める心配もなくなるだろう(写真=左)。カメラWidgetに登録したい機能は、ウィジェットの「設定」から好みのものを選べる(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:シャープ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2012年12月26日

「IGZO持って**へいくぞー!」キャンペーン

※キャンペーンは終了いたしました。ご応募ありがとうございました。
キャンペーン実施中!「Amazonギフト券3000円」を5名様にプレゼント!

まず、@ITM_campaignをフォロー

別ウィンドウが開きます

大画面なのに省エネディスプレイのIGZO搭載「AQUOS PHONE ZETA SH-02E」を持ってあなたならどこに行く?

下記の「注意事項」をよくお読みになり応募ください
#(ハッシュタグ)以降は消さずにツイートしてください
■注意事項

・応募期間
平成24年11月29日10:00から平成24年12月26日23:59まで

・応募条件
1.@ITM_campaignをTwitterでフォローしている方。
2.応募期間中に「IGZO持って**へいくぞー! #itm_IGZO (短縮URL)」をツイートされた方。

※当キャンペーンへのご参加は、Twitterのアカウントが必要です。
※お一人様何度でもご応募いただけます。

・当選発表
2012年1月中旬
応募締め切り後、フォローを解除されていない方、ツイートを削除されていない方の中から抽選を実施します。当選者には、Twitterダイレクトメッセージで@ITM_campaignアカウントより、ご当選のご連絡させていただきます。
当社からの連絡後、TwitterのDMでご連絡させていただきますのでフォローを解除なさらないようお願いします。一週間以内にご連絡が無い場合は、当選無効とさせていただきます。

・個人情報の取扱について
アイティメディアプライバシーポリシーをご確認ください。

・ご注意
プレゼントおよび当選の権利を第三者に譲渡、売買することはできません。 お届け先は、日本国内に限らせていただきます。
法令等に違反する行為、当社または第三者の権利を侵害するまたはその恐れのある行為、その他当社が本キャンペーンの運営に際し不適切と判断する行為があった場合、応募・当選を無効とします。
ツイートされた内容は当ページに掲載される可能性があります。
本キャンペーンの応募に起因して応募者に生じた損害について、当社は一切責任を負いません。