連載
» 2012年12月19日 19時33分 UPDATE

今すぐ使えるスマホレシピ:第12回 作品数や料金は? マルチデバイス対応?―――スマホ向け動画配信サービスまとめ (1/3)

スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法を取り上げる本コーナー。第12回ではスマホで利用できる動画配信サービスを紹介しよう。

[今西絢美(ゴーズ),ITmedia]

 前回は年末年始を海外で過ごすユーザーのために海外でのスマホの使い方を紹介したが、自宅や帰省先でのんびり過ごそうと考えている人も多いはず。筆者もその中の1人で、年末年始はたいてい実家でダラダラと映画を観ている。しかし、この時期はレンタルショップもかき入れどき。寒い中、店まで足を運んでも、大半の新作が貸出中では苦労が報われない。

 そこで活用したいのが動画配信サービスだ。スマホが普及するに従い、キャリア各社が動画配信サービスに注力し始めた。また、キャリア以外でも動画配信サービスは着々と広まりつつある。“貸出中”のない動画配信サービスをこの時期こそ活用しよう!


ドコモユーザーは「VIDEOストア」が便利

 ドコモのAndroidで利用できるのは「dマーケット」の「VIDEOストア」だ。国内外の映画、ドラマ、アニメ、音楽、BeeTVオリジナルの番組などから約7000タイトルを配信している。本サービスは月額525円で見放題。サービス開始から約1年がたった2012年11月末、会員数が300万人を突破した。

photophoto 「dマーケット」アプリを起動し、「ビデオ」を選択する。「dメニュー」アプリからも利用が可能(写真=左)。話題の映画もラインアップに含まれる(写真=右)

 VIDEOストアの特徴は、ストリーミング再生とダウンロード再生を選択できる点だ。画質は「普通」「きれい」「すごくきれい」の3種類から選べ、「すごくきれい」はWi-Fi接続が推奨されている。実際に映画を「すごくきれい」でダウンロードしてみたが、やはり高画質だとWi-Fi接続でも時間がかかる印象を受けた。就寝前にダウンロードしておけば、朝の通勤時間などに見られるので便利だろう。ダウンロードしたファイルはライセンスが発行されてから48時間再生が可能。ただし、VIDEOストアを退会すると再生できなくなるので注意したい。

photophoto 視聴方法はストリーミングとダウンロードを選べる(写真=左)。Wi-Fi環境ならストリーミング視聴も快適に行える(写真=右)
photophoto オーディオエフェクト設定では、イコライザの種類を選べるだけでなく、バス強調やボーカル強調などの設定も可能(写真=左)。ダウンロード中は別の作品を視聴できないので注意(写真=右)

 本サービスを利用する際にもっとも気をつけたいのが、Wi-Fi接続の有無だ。なぜなら、Xiではひと月のデータ量が7Gバイトを超えると、月末まで通信速度が送受信時最大128Kbpsに制限されるからだ。2時間8分の作品で1423.9Mバイトあったので、この長さの作品だと約5本観れば通信速度が制限されてしまう。ダウンロードする場合もストリーミング再生する場合も、なるべくWi-Fi接続にした方が通信速度を気にすることなく使える。

 また、VIDEOストアはスマホだけでなくタブレットでも利用できる。例えば、スマホですでに利用しているときは、タブレット側でマルチデバイス設定を行なう。マルチデバイスを設定しているときは2台同時にコンテンツを視聴することはできない。また、dマーケットアプリを使用している場合、片方のデバイスでダウンロードしているときに、もう片方のデバイスで視聴できなくなるなど、若干の制限があるので注意しよう。

 ドコモはdマーケット内にアニメ見放題サイト「アニメストア」も提供している。こちらは月額420円で約600作品、約9000話が見放題になる。ただし、最新作品や一部の作品は個別課金を行っており、「けいおん!!」の場合は1話210円と、やはり人気作品は少々高い。このサービスもスマホ、タブレットの両方に対応している。

photophoto 「アニメストア」のトップ画面。テレビで放送してすぐのアニメも視聴できる(写真=左)。「VIDEOスト」同様、ストリーミングとダウンロードを選択可能。画質も選べる(写真=右)
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.