ニュース
» 2013年01月17日 16時51分 UPDATE

ソフトバンク、イー・アクセス議決権比率を3分の1未満に 「影響はない」

ソフトバンクがイー・アクセスの議決権を3分の1未満に引き下げ。議決権付き株式をEricssonやSamsungなど11社に譲渡した。

[ITmedia]

 ソフトバンクは1月17日、完全子会社化したイー・アクセスの議決権付き株式をスウェーデンEricssonやSamsung Asiaなど11社に譲渡したと発表した。議決権比率は3分の1未満に下がるが、出資比率は99.5%を維持する。ネットワークの相互活用など、買収発表時に公表した協力内容などへの影響は「ないと考えている」としている。

 イー・アクセスの完全子会社化に懸念を示した総務省に配慮し、同社は昨年11月、議決権比率を3分の1未満に下げる方針を同省に説明していた。

 議決権付き株式の譲渡先は、2社のほかAlcatel-LucentやNokia Siemensなど通信機器メーカーと、オリックス、三菱UFJリースなど国内リース会社。ソフトバンクの議決権比率は33.29%に下がり、持ち分法関連会社となる。出資比率は99.50%を維持する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう