Special
» 2013年02月08日 10時00分 UPDATE

「スマートフォン for ジュニア SH-05E」を小学4年生男子に使わせてみた (1/2)

小学校高学年から中学生をターゲットにしたスマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」は、実際に小学生に使わせるとどうなのか。どんな部分に興味を持ち、どう使ったかをリポートする。

[PR/ITmedia]
PR

 子供が小学校の高学年から中学生になると、キッズケータイを使わせるにはちょっと年齢が高いかな、と思い始める。すでにキッズケータイを持たせている親であれば、次に何を与えるべきか悩む時期でもあるだろう。本人の自尊心を傷つけないためにも、そろそろ大人と同じものを与えたいと考える一方で、インターネットの予備知識が十分にない状態で、いきなりPCと同じくらい自由なAndroidスマートフォンを渡すのも抵抗があるはず。そんな空白地帯をしっかりカバーするために生まれたのが、シャープのAndroidスマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」だ。

Photo 「スマートフォン for ジュニア SH-05E」の魅力を、小学4年生の息子に聞いてみた。ほどよいサイズ感と、いかにも子供向けじゃないところが気に入ったようだ

 インターネットと直結してしまうWi-Fi接続機能をあえてなくして、NTTドコモが提供する、安心して利用できるネットワークとサービスをセレクトして提供するスマートフォン for ジュニア SH-05Eは、大人の仲間入りをする前の少年・少女をターゲットに開発された。そんなSH-05Eは、子供から見てどうなのか。まだちょっと早いかなと思いつつも、小学1年生のときから、自治体に支給されている携帯電話を使っている、小学4年生の息子にSH-05Eを使わせてみた結果をリポートする。

「次に欲しいのはスマホ」

 まずは、息子がどんな小学生なのか簡単に紹介しておこう。筆者が住んでいる東京都品川区では、自治体が「近隣セキュリティシステム」を導入しており、地域内の小学1年生から6年生までの生徒は、全員が防犯ブザー付きの携帯電話を持っている。この近隣セキュリティシステムは、外出時は常に身に付けるよう言われており、基本的に授業中以外は首からストラップで下げている。そのため、小学校の低学年から「あらかじめ携帯電話に登録されている人と通話やメールをする」ことには慣れている。実際、学校が終わって習い事に行き、帰りに家に電話するといった使い方をしている。そういう意味では、一般的な小学生とは少し違う部分があるかもしれないことは断っておく。

 そんな息子に、「携帯電話を買ってもらうとしたらどんなのがいい?」と聞いたところ、迷わず「スマホ!」という返事が返ってきた。イマドキの小学生でも「スマホ」は常識らしい。その理由を聞いてみると「画面が大きいから」「いろいろゲームができるから」といったところが主なところ。小学校で「おさわり探偵 なめこ栽培キット」のなめこのキャラクターが流行っているそうで、「スマホでなめこがやりたい」とも言っていた。

ほどよいサイズ感のボディ

Photo SH-05Eを手渡すと、教えてもいないのにロックを解除して壁紙をカスタマイズ

 SH-05Eを渡してみたところ、興味津々。これまでにもスマートフォンに触れたことがあるせいか、教えるまでもなくロックを解除し、使い始めた。タッチパネルを難なく操作してメニューを開いたり、偶然画面を長押しして壁紙を変えるメニューを開き、「FAIRY TAIL」や「モンスターハンター」「リラックマ」などの壁紙がプリインストールされていることを発見して驚いたり。近隣セキュリティシステムも、待受画面の変更ができ、息子も初期設定のものから、プリインストールされている中から自分の好みのものに変えているが、こうした壁紙によるカスタマイズはシンプルでありながら重要なようだ。さっそく壁紙をFAIRY TAILに変えていた。

 小学4年生はまだ手が小さい。その点、SH-05Eのサイズ感は息子にとってほどよい大きさだったようだ。4インチ台後半のディスプレイを持った一般的なスマートフォンを見慣れていると、SH-05Eの画面は小さく見えるかもしれないが、子供に使わせることを考えると4.1インチのディスプレイと幅63ミリのボディはいいバランスだ。また、カバンやポケットに入れるのではなく、首から下げて使うような利用形態を考えると、あまり大きいのでは邪魔になる。ストラップホールがボディ下部の中央に用意されているのも、SH-05Eを首から下げることを想定してのことだろう。

 ちなみに息子は右手でSH-05Eを操作していた。普段携帯電話も右手で持つという。右手で操作する際、電源ボタンが上にあり、側面にボリュームキーがあるのは使いやすいようだった。さっと持ったときに人差し指で電源オン、そのまま親指でロック解除がスムーズに行えた。

 右側面のボリュームキーの中央を強く押し込むと防犯ブザーが鳴ることを教えると、さっそく押してみようとしたので制止した。ただ、息子はストラップを引っ張るタイプの近隣セキュリティシステムのブザーを(誤って)何度か鳴らしてしまった経験があることから、ボタンをしっかり押さないと鳴らない点には、逆に安心だと話していた。ストラップを引っ張るタイプでは、ランドセルを背負うときや遊んでいるときにストラップや本体を引っかけ、ブザーが鳴ってしまうことがあるという。

PhotoPhoto 右側面にあるボリュームボタンの中央、赤いボタンが見える部分を押し込むと防犯ブザーが鳴る。いざというときに安心だ。ブザーの発報と同時にGPSによる位置情報が登録されているメールアドレスに送られる。ストラップホールは本体下部の中央にある。ストラップを付けて首から下げるといった使い方が想定されているのだろう

 また、近隣セキュリティシステムでは、ワンタッチダイヤルを使って電話をかける仕組みのため、息子がキーロックをかけ忘れると、歩いている途中でワンタッチボタンで電話をかけてしまったり、発信履歴から電話をかけてしまったりすることがたまにある。以前、仕事中に息子から電話がかかってきて、何事かと思い慌てて取ったら、ガサゴソという音と、遠くで話している声が聞こえる、といったことが何度かあった。しかし、SH-05Eならロックを解除しないと操作ができないため、そういった心配がなさそうなのもいいと感じた。

プリインストールアプリでも十分楽しめる

 サイズ感や操作性はとても印象がよかったSH-05Eだが、内蔵コンテンツはどうだろうか。冒頭で、キャラクターの壁紙が用意されている点が好評だった点には触れたが、プリインストールアプリなども触らせてみた。

PhotoPhoto アニメで学ぶ! ケータイあんぜん教室は、アニメとクイズで基本的なスマートフォンの使い方やマナーなどを解説してくれる便利なコンテンツ。所々でクイズが入るので、飽きずに最後まで視聴した。まずはアニメでルールやマナーを学習し、セクションごとに用意されたクイズに答えることで理解度を確認する。定期的に何度かやるといい

 まずは、基本的なルールとマナーを確認すべく「アニメで学ぶ! ケータイあんぜん教室」を視聴。最初に「災害用伝言板」の話を取り上げていて、いざというときの連絡手段として紹介していたのは興味深かった。親としても、近隣セキュリティシステムは全員に配布されていること、子供向けの携帯電話がベースになっているため、あまり危険性がないことなどからあまり細かな部分まで教育はしていなかったが、改めて「どういう使い方がよくないのか」「どういう使い方をすると人に迷惑をかけるのか」をアニメで説明してくれるので、息子もちゃんと理解できたようだった。セクションごとにクイズが用意されていて、理解度が確認できるのもいい作りだ。とはいえ、こういうものは繰り返し教えることも重要なので、定期的に一緒に見るようにするといいと感じた。

PhotoPhoto 以前別の機種で遊んだことがあった「つみネコ」や、紙で簡単なナンバープレースを遊んだことがあった「MY NUMBER PLACE」などに興味を示していた

 その後は、まず「なめこがやりたい」と言っていた息子だが、残念ながらなめこはダウンロードできないので、プリインストールゲームを体験。「モンスターハンター Dynamic Hunting」は、タッチ操作に最適化されているため操作は簡単ではあるものの、少々ハードルが高かったようだ。「つみネコ」はもともと遊んでいたこともあってしばし遊んだが、実物で遊んだことがある「どうぶつしょうぎ」をかなりの時間遊んでいた。

 最初はあそび方がよく分かっていなかった「MY NUMBER PLACE」は、もともと紙のテキストを使ったナンバープレースをやったことがあったためすぐに理解し、その後はかなり長いことプレイ。結構気に入ったようだ。またシンプルな動きで簡単な計算問題を「10」「10より大きい数」「10より小さい数」に仕分けする「大なり小なり」にかなりはまっていて、何回もプレイしていた。こうした単純だがはまる仕掛けは、小学生には意外と効くようだ。カードパズルの「Klondike」は、Windowsのソリティア以来よくやっているので、何回か遊んだが数学系のパズルの方により時間を割いていた。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:シャープ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:ITmedia Mobile 編集部/掲載内容有効期限:2013年2月21日

シャープのドコモ冬春モデル、アナタのお気に入りスマホは?

シャープのドコモ冬春モデル、アナタのお気に入りスマホは?

シャープのドコモ冬春モデルが発表になりました。個性的な4モデル、あなたのお気に入りはどのスマホ? お気に入りを選んでツイートすると抽選でぞれぞれの機種に投票した人のなかから各1名、合計4名にAmazonギフト券3000円が当たります。

まず、@ITM_campaignをフォロー!

(別ウィンドウが開きます)

シャープのドコモ冬春モデル、あなたのお気に入りとその理由を教えてください。

■注意事項

・応募期間
平成25年1月25日10:00から平成25年2月21日23:59まで

・応募条件
1.@ITM_campaignをTwitterでフォローしている方。
2.応募期間中に「お気に入りは** #itm_SHSPRING」をツイートされた方。

※当キャンペーンへのご参加は、Twitterのアカウントが必要です。
※お一人様何度でもご応募いただけます。

・当選発表
2012年3月上旬
応募締め切り後、フォローを解除されていない方、ツイートを削除されていない方の中から抽選を実施します。当選者には、Twitterダイレクトメッセージで@ITM_campaignアカウントより、ご当選のご連絡させていただきます。
当社からの連絡後、TwitterのDMでご連絡させていただきますのでフォローを解除なさらないようお願いします。一週間以内にご連絡が無い場合は、当選無効とさせていただきます。

・個人情報の取扱について
アイティメディアプライバシーポリシーをご確認ください。

・ご注意
プレゼントおよび当選の権利を第三者に譲渡、売買することはできません。 お届け先は、日本国内に限らせていただきます。
法令等に違反する行為、当社または第三者の権利を侵害するまたはその恐れのある行為、その他当社が本キャンペーンの運営に際し不適切と判断する行為があった場合、応募・当選を無効とします。
ツイートされた内容は当ページに掲載される可能性があります。
本キャンペーンの応募に起因して応募者に生じた損害について、当社は一切責任を負いません。

関連リンク