ニュース
» 2013年03月01日 00時30分 UPDATE

携帯各社、山形県の大雪に伴う支援措置を発表

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、イー・アクセス、ウィルコムの携帯キャリアが、山形県の大雪に伴う支援措置を実施する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 山形県尾花沢市を対象に、大雪被害による災害救助法が適用。これに伴い、携帯各社はユーザー向けの支援措置を2月28日に発表した。

 NTTドコモは、2013年2月請求分の支払期限を4月1日まで延期。また、2月27日から3月31日までの期間、破損・故障した携帯電話機における故障修理代金について一部減額などを行う。支払い期間が延長となるのは、各社ともに窓口での支払いを選択しているユーザー。

 KDDIは、au ひかり(au one net)、メタルプラス電話、au one net ADSLといった固定通信サービスをまったく利用できなかった場合、月額基本料金と付加サービスの利用料を減額。さらにau携帯電話サービス、au ひかり(au one net)、メタルプラス電話、au one net ADSLの2月請求分の支払いを3月31日まで延期する。

 ソフトバンクモバイルは、1月利用分および2月利用分の支払期限を請求書記載の日付から1カ月延長。災害に伴う破損、水ぬれ、紛失による電話機の交換では、費用を免除または減額する。山形のソフトバンクショップで受け付ける。

 ウィルコムは、1月利用分の支払期限を請求書記載日付から1カ月延長する。

 このほか、4社は市区町村の災害対策本部や公的機関などから要請があれば、電話機や充電器などを無料で貸出し出す。

 イー・アクセスは、2月請求分の請求書の支払期限を1カ月延長するほか、携帯電話端末・データカード端末・ADSLモデムの修理費用などを一部減免する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.