ニュース
» 2013年03月01日 00時58分 UPDATE

auショップでタブレットを活用した「au NAGOYA手話サポートシステム」開始

au NAGOYAの手話スタッフが、タブレットを通じて中部地域のauショップ店頭でも手話サポートを開始。まずは3店舗から。

[エースラッシュ,ITmedia]

 KDDIが、直営のフラッグシップショップ「au NAGOYA」で提供している手話サポートサービスを拡大。中部地域のauショップを訪れた利用者向けに、タブレット端末を利用した「au NAGOYA手話サポートシステム」を開始する。

 au NAGOYAでは端末の購入や使用方法の説明、修理などのアフターサービスなどに至るまでのサポートを、耳や言葉の不自由な利用者向けに手話スタッフが対応するサービスを提供している。この手話スタッフが、タブレット端末を活用したビデオチャットによって、中部地域の店舗に来店した利用者への対応を行うのがau NAGOYA手話サポートシステムだ。

Photo 「au NAGOYA手話サポートシステム」の接客イメージ

 3月1日からサービスが利用できるauショップは、愛知県豊田市のauショップ豊田小坂、岐阜県岐阜市のauショップ県庁前、三重県津市のauショップ一身田の3店舗。応対時間は対象ショップとau NAGOYAの営業時間内で、手話スタッフ2人の出勤時間による。スタッフの出勤時間は対象ショップで確認できるほか、事前にau NAGOYAのサイトでも確認できる。

 今後は対象店舗を、愛知/岐阜/三重/静岡/長野各県のauショップに拡大していく。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.