ニュース
» 2013年03月26日 19時19分 UPDATE

ドコモ、Optimus G L-01Eとタブレット2機種でソフトウェア更新

ドコモが3月26日、「Optimus G L-01E」「ARROWS Tab LTE F-01D」「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」の不具合を修正するソフトウェア更新を開始した。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモが、スマートフォン「Optimus G L-01E」と、タブレット「ARROWS Tab LTE F-01D」「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」の不具合を解消するためのソフトウェア更新を3月26日に開始した。

photophotophoto 左から「Optimus G L-01E」「ARROWS Tab LTE F-01D」「GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D」

 ソフトウェア更新により解消される不具合は以下のとおり。

Optimus G L-01E

  • 通信事業者設定を「自動選択」以外に変更後、「自動選択」に戻すとエラーになる場合がある。

ARROWS Tab LTE F-01D

  • ダウンロードした動画を再生中に早送りをすると、まれに端末の画面が真っ暗になる場合がある。

GALAXY Tab 10.1 LTE SC-01D

  • spモードメールでメールを作成する際に、特定の文字を入力するとエラーメッセージが表示される場合がある。

 L-01EとF-01Dの新しいソフトウェアは自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間に書き換えられる。SC-01Dは「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」から手動で更新する必要がある。更新時間はL-01EとF-01Dが約4分、SC-01Dが約7分(PC利用時は約13分)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.