ニュース
» 2013年05月13日 18時13分 UPDATE

ドコモとパイオニアが資本提携 ITS・テレマティクス事業を強化

カーナビやスマホから集めた交通情報を元にITSクラウド基盤を構築し、2013年中に法人・個人向けのサービスを開始する。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは5月13日、テレマティクス分野への本格的な事業参入を目的に、パイオニアと業務・資本提携を結んだことを発表した。2社はこれまで「ドコモドライブネット」用クレードルの開発などを共同で行っている。

 ドコモと提携することでパイオニアは、カーナビゲーションシステムなどの車載機器やスマートフォンが取得した位置情報などの“プローブデータ”から、高度な交通情報を生成できる交通クラウド基盤を構築。ドコモとともに、2013年内のITSクラウドサービス提供を目指す。また対応の通信対応車載機器や通信モジュールの普及も進めるという。

 パイオニアは6月28日に、ドコモを引き受け先とした第三者割当による約50億円の増資を行う予定で、ドコモはパイオニア株式の約7%を取得する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.