ニュース
» 2013年05月15日 11時57分 UPDATE

専用プランも用意:ディスプレイが大きくなって見やすさアップ 「Xi」にも対応――「らくらくスマートフォン2 F-08E」

ドコモのらくらくスマートフォンが「Xi」に対応。ディスプレイが拡大して見やすさが向上したほか、カメラ機能や搭載アプリ、専用のコミュニティサービスなども充実している。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモの富士通製「らくらくスマートフォン2 F-08E」は、2012年夏モデルで登場した「らくらくスマートフォン F-12D」の後継モデル。ディスプレイが4.3インチに拡大して画面の見やすさを向上させたほか、ドコモのLTEサービス「Xi」に対応したことで通信速度も向上した。

photophoto 「らくらくスマートフォン2(F-08E)」

 ディスプレイには、初めてスマートフォンを操作するユーザーでも押し間違いが起きにくい「らくらくタッチパネル」を従来モデルから引き続き採用。らくらくスマートフォン2ではさらにチューニングを加え、しっかりとした押し心地とタッチパネルならではの軽快な文字入力を両立させたという。

 防水・防塵対応ボディやワンタッチダイヤル、通話相手の声を聞き取りやすくする「スーパーはっきりボイス」、緊急時用の防犯ブザーなど、シリーズならではの特徴的な機能も継承している。メインカメラの画素数に変更はないが、高感度なセンサーとフォトライトを新たに搭載して画質を向上させた。さらにカメラの操作画面をシンプルなデザインに改善したほか、シャッターボタンを側面に搭載して使いやすさを向上させた。

 OSはAndroid 4.2を搭載するが、Googleアカウントは利用できずGoogle Playからアプリをダウンロードできない。アプリはドコモのdメニューに用意するものを利用する。またらくらくホンユーザー専用のコミュニティサービスも内容を充実させた。

発売は8月中旬の予定で、発売と同時に専用のフラット型パケット定額サービス「xiらくらくパケ・ホーダイ」を月額2980 円で提供する。

「らくらくスマートフォン2 F-08E」の主な仕様
機種名 らくらくスマートフォン2 F-08E
OS Android 4.2(Googleアカウント非対応)
プロセッサー APQ8064T(1.7GHz クアッドコア)
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約64×130×9.9ミリ
重さ 約138グラム
連続通話時間 未定
連続待受時間 未定
バッテリー容量 2100mAh
メインカメラ 有効約810万画素CMOS(AF/手ブレ補正対応)
インカメラ 有効約120万画素CMOS
メモリ ROM:8Gバイト、RAM:2Gバイト
外部メモリ microSDXC(最大64Gバイト)
ディスプレイ 約4.3インチ QHD(540×960ピクセル)表示 TFT液晶 最大1677万色
ボディカラー ゴールド、ブラック、ピンク
主なサービス・機能 Xi(下り100Mbps/上り37.5Mbps)、FOMAハイスピード(下り14Mbps/上り5.7Mbps)、Bluetooth 4.0、おサイフケータイ、ワンセグ、spモード、GSM、エリアメール、ほか
発売予定日 8月中旬

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.