ニュース
» 2013年05月21日 10時00分 UPDATE

タニタ、健康管理サービス「ヘルスプラネット」のAndroid向けアプリを提供開始

タニタは、バイタルデータの管理やSNS連携などが簡単に行える健康管理プラットフォームサービス「ヘルスプラネット」のAndroid向けアプリをリリースした。

[エースラッシュ,ITmedia]

 タニタは、健康管理プラットフォームサービス「ヘルスプラネット」のAndroid端末向けアプリを5月20日に提供開始した。Google Playから無料でダウンロードできる。

PhotoPhotoPhoto Android端末向けアプリ「ヘルスプラネット」

 ヘルスプラネットは、同社製の健康計測機器で計測した体組成などのバイタルデータ(生体情報)をWeb上で管理できるほか、ブログやSNSとの連携が簡単にできるサービス。

 スマホ向けアプリでは、スマートフォン向けに表示画面や計測データの取り込みなどを最適化した。具体的には、時系列グラフでの表示機能や管理したいデータのみをトップページに表示するカスタマイズ機能などを採用。また、計測データを簡単に管理できるようBluetooth経由ややFeliCaでのデータ通信にも対応している。また、通常の健康計測機器で計測したデータも専用フォームから手入力できるようになっている。

 動作環境はAndroid OS 4.0以上。なお、7月初旬にはiPhone向けも配信する予定だ。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.