ニュース
» 2013年06月04日 14時45分 UPDATE

DTI、スマホ向けIP電話アプリ「ServersMan 050」をバージョンアップ

DTIのAndroid向けIP電話サービス「ServersMan 050」に、圏外着信通知やBluetoothヘッドセット通話、無料通話の発信前確認などの新機能が追加された。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ドリーム・トレイン・インターネット(DTI)は6月3日、Androidスマートフォン向け通話サービス「ServersMan 050」をβ3にバージョンアップした。

Photo 追加機能のイメージ

 ServersMan 050は、速度制限のあるモバイル通信環境でも安定した音声品質が可能な050番号が付与されるIP電話サービス。待受用にアプリを起動していても、スマホのバッテリーの消費が少ないという。

 今回のバージョンアップにより、電源オフや通信圏外にいる状態で着信した際、通信可能になるとAndroid通知領域に不在着信の通知が届くようになった。着信履歴の詳細はアプリの履歴欄にも表示する。また、着信・発信後にアプリで表示される「Bluetooth」のボタンを押すと、Bluetoothヘッドセットでの通話に対応。さらに、電話先が無料通話の対象番号である場合は「IP発信」ボタンを「無料通話」に表示を変更し、事前に無料通話の対象か否かを確認できるようになった。そのほか、細かなバグをなくしや着信時の動作を改善している。

 ServersMan 050は現在、NTTドコモのFOMA網を使った通信速度100KbpsのMVNOサービス「ServersMan SIM 3G 100」(月額490円)のオプションサービスとして提供されている。料金は月額315円だが、7月末まで無料で提供する。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.