ニュース
» 2013年06月07日 18時19分 UPDATE

3社とも5月というのに意外と好調――2013年5月契約数

電気通信事業者協会(TCA)が2013年5月末時点での携帯電話・PHS、BWA各社の契約数情報を発表した。三社とも純増数を前月から増やし、2012年同月と比べても好調を維持している。

[長浜和也,ITmedia]
グループ名 2013年5月純増数 累計
NTTドコモ 98100 6162万9100
KDDI 22万7000 3814万5900
ソフトバンクモバイル 29万8000 3304万1900
イー・アクセス 非公開 非公開
携帯総数 61万6900 1億3281万6900

 電気通信事業者協会(TCA)は6月7日、2013年5月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。

 純増数トップはソフトバンクモバイルで5月は29万8000件を獲得。次いでKDDI(au)も22万8000件の純増となった。NTTドコモも、4月に引き続き5月も純増となり、その数も9万8100件と伸びた。

 累計契約者数はドコモが6162万9100件、KDDIが3814万5900件、ソフトバンクが3304万1900件で、3社の合計は1億3281万6900件。PHSの累計契約数は516万7300件で、携帯電話3社とPHSの合計契約数は1億3798万4200件となった。なおイー・アクセスは契約数を四半期決算でのみ公表しているため、同社の契約数は数字に含まれていない。

MNP利用状況 差し引き
NTTドコモ −13万5800
KDDI 8万1600
ソフトバンクモバイル 5万2300
イー・アクセス 1900(推定)

 MNPは、KDDIが8万1600件の転入で引き続きトップ。ソフトバンクも5万2300件の転入と、どちらも前月実績から超過実績を増やしている。一方、ドコモは−13万5800件の転出超過となって、こちらは4月実績を下回った。

 各社とも、純増数で2012年5月の実績を上回ったほか、2012年では前月実績から減らしていたのを、2013年5月は4月実績を超える値を残している。

 成長を確保できた理由として、ドコモは夏モデルの出荷開始のほかに、応援学割終了による駆け込み需要の影響も挙げている。ソフトバンクでも、5月に出荷を開始した“シンプルスマホ”204SHと学割受付終了に伴う駆け込み需要を挙げるものの、その効果は限定的で、それ以上に、現在すすめている「つながりやすさ」「安定した接続」の訴求効果が大きいと分析している。

 一方、KDDIでは、大規模な通信障害が発生したものの、契約数推移に与える影響は現時点で確認できていないとした上で、以前から進めているスマートバリュー(KDDI)の認知拡大による効果を挙げている。

kn_tca1305_01.jpg 純増数の推移

kn_tca1305_02.jpg 純増シェアの推移

kn_tca1305_03.jpg MNP利用状況の推移

 ウィルコムはPHS回線が単独で516万7300件となり、3GのMVNO契約(28万2900件)と合わせて契約者数は545万200件となった。モバイルWiMAXを展開するUQコミュニケーションズは4万7700件の純増で、累計契約者数は418万1600件に。AXGPを提供するWireless City Plannningは、9万5000件の純増で累計契約数が142万1200件だった。

Wireless City Planning 2013年5月純増 累計
AXGP 9万5000 142万1200

UQコミュニケーションズ 2013年5月純増 累計
UQ WiMAX 4万7700 418万1600

ウィルコム 2013年5月純増 累計
PHS 4万2900 516万7300
WILLCOM CORE 3G 7900 28万2900
5万800 545万200

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.