ニュース
» 2013年06月14日 11時25分 UPDATE

ジャングル、Android対応を強化した地図ソフト「スーパーマップル・デジタル14」

ジャングルの地図ソフト「スーパーマップル・デジタル」最新版が発売。Android OSへの対応を強化し、端末からの情報検索やクラウド連携などの機能を備えた。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ジャングルは、多機能地図ソフト「スーパーマップル・デジタル14」シリーズを7月5日に発売する。価格は、全国版が1万5330円、地域版は5880〜8820円。このほか、他社地図ソフトユーザーも対象としたアップグレードパッケージも用意する。

Photo 「スーパーマップル・デジタル14」

 スーパーマップルシリーズは、多彩な機能と豊富な情報を活用できるインストール型のPC用地図ソフトだ。最新版では、Android OSへの対応を強化しており、住所・駅・カスタム情報の検索やメモ記入、GPSのログ取得、クラウド連携機能を導入した。PC上のデータを持ち出せるだけでなく、取得したログデータからルートや高低差なども確認可能だ。

 また出発地・目的地を設定し、車、または、徒歩による最適なルートも表示できる。距離、所要時間、料金の算出をはじめ、徒歩では歩行者専用ルート検索、車では時間帯による交通規制も反映する。

 このほか、昭文社の旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」や、旅行&観光情報サイト「MAPPLE観光ガイド」に掲載しているスポット情報をダウンロードし、地図上で編集してオリジナルマップも作成できる。さらに、顧客のExcelデータなどを地図上に展開して目的別の分布図、円グラフ、棒グラフなどで表現するエリアマーケティング機能、約1万件以上の住所のマッチング機能を装備。出版物のような地図の印刷にも対応している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.