ニュース
» 2013年06月19日 12時27分 UPDATE

ドコモ、スマ−トフォン4機種とタブレット1機種でソフト更新を開始

ドコモは、ソニーモバイル製の「Xperia Tablet Z SO-03E」「Xperia NX SO-02D」と、富士通製の「ARROWS X LTE F-05D」、パナソニックモバイル製の「ELUGA P P-03E」、NECカシオ製の「MEDIAS X N-06E」のソフト更新を開始した。

[村上万純,ITmedia]

 NTTドコモは6月19日、Androidタブレット1機種とスマートフォン4機種のソフトウェア更新を開始した。対象機種はソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia Tablet Z SO-03E」「Xperia NX SO-02D」、富士通製の「ARROWS X LTE F-05D」、パナソニックモバイルコミュニケーションズ製の「ELUGA P P-03E」、NECカシオモバイルコミュニケーションズ製の「MEDIAS X N-06E」だ。

photophotophoto 「Xperia Tablet Z SO-03E」(写真=左)。「Xperia NX SO-02D」(写真=中央)。「ARROWS X LTE F-05D」(写真=右)
photophoto 「ELUGA P P-03E」(写真=左)。「MEDIAS X N-06E」(写真=右)

 アップデートにより解消される不具合は以下のとおり。

Xperia Tablet Z SO-03E

  • HDMIケーブルを利用して動画コンテンツをモニターに出力する際、正常に表示されない場合がある

Xperia NX SO-02D

  • しゃべってコンシェルでアラームを設定すると、アラームが鳴らない場合がある
  • Timescapeで一部アプリと連携ができない場合がある

ARROWS X LTE F-05D

  • 端末本体が再起動を繰り返す場合がある

ELUGA P P-03E

  • 端末本体の起動後、docomoシンプルUIの強制終了ポップアップが表示される場合がある

MEDIAS X N-06E

  • 端末本体の起動後、docomoシンプルUIの強制終了ポップアップが表示される場合がある

 Xperia Tablet ZとXperia NXは自動更新は適用されず、端末本体のみでソフト更新を行う場合は「本体設定」内の「端末情報」→「ソフトウェア更新」と手動操作する必要がある。所要時間はXperia Tablet Zが約3分で、Xperia NXが約5分。また端末をPCに接続して更新する方法もあり、その場合の所要時間は、Xperia Tablet Zが約7分で、Xperia NXが約5分。専用のPCソフト「PC Companion」が必要になる。

 ARROWS X、ELUGA P、MEDIAS Xの3機種は、新しいソフトウェアが自動でダウンロードされ、あらかじめ設定した時間(初期状態は午前2時〜午前5時)に書き換えられる。手動で更新を行う場合の所要時間は、ARROWS Xが約5分、ELUGA Pが約17分、MEDIAS Xが約3分。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.