ニュース
» 2013年06月24日 12時02分 UPDATE

ドコモ、障がい者と難病患者向けサービス「ハーティ割引」の対象者を拡大へ

NTTドコモが、障がい者と難病患者向け割引サービス「ハーティ割引」の対象者を7月3日から拡大する。これにより、「特定疾患医療受給者証」または「特定疾患登録者証」所持者も適用対象となる。

[村上万純,ITmedia]

 NTTドコモが、障がい者と難病患者向け割引サービス「ハーティ割引」の対象者を7月3日から拡大すると発表した。ハーティ割引では、従来、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害保健福祉手帳のいずれかを所持するユーザーが対象だったが、今回の拡大により、「特定疾患医療受給者証」または「特定疾患登録者証」所持者も適用対象となる。

 サービスの申込み受け付けは、7月3日から開始する。Xiサービス(総合利用プラン、データ通信プラン)かFOMAサービス(総合利用プラン、データ専用プラン)で割引を適用できる。

 割引内容は以下のとおり。

  • 月々の基本使用料金が60%割引になる
  • 付加機能使用料が60%割引になる
  • 契約事務手数料等の一部が無料となる
  • 定期契約型料金プランと割引サービスの解約金が免除となる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう