調査リポート
» 2013年06月28日 10時37分 UPDATE

iPadユーザーの約7割がiPhoneを利用――MMD研究所の「タブレット端末に関する定点調査」

MMD研究所は、利用アプリやシーン、所有しているスマートフォンなどの利用実態に焦点を当てた「タブレット端末に関する定点調査」を公開。iPadユーザーの約7割がiPhoneを利用している。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、6月27日に「タブレット端末に関する定点調査」の結果を発表した。

 同調査は、利用しているアプリやシーン、所有しているスマートフォンの種類などの利用実態に焦点を当てたもの。調査期間は6月18日〜6月21日で、20歳〜59歳の男女568人を対象としている。

 調査によると、iPad所有者の68.5%、Androidタブレット所有者の21.1%がiPhoneを利用していることが判明。また、利用シーンで最も多い回答は、タブレットでは「自宅/自室でくつろいでいる時」(71.5%)、スマートフォンでは「電車/バス/飛行機等で移動している時」(65.1%)という結果となった。

Photo タブレット端末所有者が所有しているスマートフォンの種類
Photo タブレット端末、スマートフォン端末の利用シーン

 定期的に利用しているアプリは「動画(43.8%)」「天気(39.3%)」「SNS(34.7%)で、以降は「ニュース」「ゲーム」「電子書籍」と続く。タブレット端末を所有している20歳〜59歳の男女3116人を対象とした事前調査では、40.7%が家族と共有利用していると回答した。

Photo 毎日〜週1回程度、定期的に利用しているアプリのジャンル
Photo タブレット端末の家族共有利用について

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう