ニュース
» 2013年07月02日 14時53分 UPDATE

KDDI、スマートソニックレシーバー搭載モデルが100万台突破

京セラのスマートソニックレシーバーを搭載したau携帯電話の出荷台数が、6月時点で100万台を突破した。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDIは7月1日、音と振動で相手の声を伝える「スマートソニックレシーバー」を搭載したau携帯電話の国内累計販売台数が、6月に100万台を突破したことを発表した。

 スマートソニックレシーバーは、携帯電話やスマートフォンのディスプレイを振動させることで、通話音声をクリアに聞き取れるという機能。京セラのセラミック技術をベースとした圧電素子が使われており、同社とKDDIが協力して開発した。

 搭載モデルは、2012年5月に発売したスマートフォンの「URBANO PROGRESSO」とシニア向け携帯電話の「簡単ケータイK012」、2012年11月発売の「DIGNO S」、6月12日に発売された「URBANO L01」の4機種。

photo 「URBANO」
photo 「DIGNO S KYL21」
photo URBANO PROGRESSO
photo 簡単ケータイK012

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.