ニュース
» 2013年07月25日 12時15分 公開

ソフトバンクモバイル、「高精度衛星測位サービス利用促進協議会」に参加

ソフトバンクモバイルは、準天頂衛星システムによる高精度測位サービスの利用を促進する協議会に参加。秋には「みちびき」を使った大規模実験を実施する。

[長浜和也,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、7月25日に「高精度衛星測位サービス利用促進協議会」(QBIC)への参加を明らかにした。ソフトバンクモバイル取締役専務執行役員 兼 CTOの宮川潤一氏が、QBICの諮問委員会に加わる。

 QBICは、衛星測位利用推進センター(SPAC)が中心となって、準天頂衛星システムの利用サービスを計画している民間企業などで構成する団体だ。高精度衛星測位サービス事業の展開に必要な課題を検討し、解決が必要な事項については意見を集約して政府への提言も行うことを目的としている。準天頂静清システムは、現在も2010年代後半に向けて4基体制の整備を進めている

 ソフトバンクモバイルは、すでに準天頂衛星「みちびき」による実証実験などを行っているが、QBICの参加によって、業界関係企業と連携して高精度測位サービスを利用するのに必要なデバイスやアプリの環境整備を行っているとしている。

 なお、ソフトバンクグループでは、みちびきを利用した大規模実証実験を2013年秋に行う予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう