ニュース
» 2013年07月25日 14時49分 UPDATE

イー・アクセスの「STREAM X (GL07S)」、ソフト更新でソフトバンク の3G網に対応

イー・アクセスが7月25日、「STREAM X(GL07S)」のソフトウェア更新を開始した。今回のアップデートで動作安定性を向上させたほか、ソフトバンクの3Gエリアにも対応させた。

[村上万純,ITmedia]

 イー・アクセスは7月25日、Androidスマートフォン「STREAM X(GL07S)」のソフトウェアアップデートを開始した。

photo 「STREAM X(GL07S)」

 今回のアップデートにより、動作の安定性を向上させたほか、ソフトバンクモバイルの3Gエリアにも対応させた。

 システムソフトウェアの更新が可能になると、通知バーに「システム更新」と表示されるので、これをタップして更新する。なお、3G/LTE回線から更新をすると、パケット通信料が発生する。更新ファイルのサイズは約122Mバイトで、更新時間は約20分。更新後のビルド番号は「U9700LV100R001C26B207」になる。

 ビルド番号の下4桁が「B128」「B130」「B133」「B136」の場合は、ソフト更新でソフトバンクの3Gエリア(プラチナバンドを除く)での利用が可能となる。更新しないと3Gエリアでの利用とテザリング機能が使えなくなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.